「イラストレーション」誌にインタビュー記事が掲載されました。

イラストレーション誌 たなか鮎子インタビュー

7月発売の「イラストレーション」に、ドイツでの仕事と生活についてのインタビュー記事を掲載して頂きました。使っている画材からベルリンの写真まで、4ページに渡っていろいろ紹介してもらっています。

憧れのイラストレーション誌に載せてもらって感無量…😍

今回は、旅や海外にフィーチャーした号で、他の方のお仕事もカラフルで、とても楽しいです!

ぜひぜひご覧ください。

「イラストレーション」2017年09月号 Amazon詳細はこちら

イラストレーション17年夏号カバー


「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」カバー&本文イラストを描きました。

数学ガールの秘密ノートー積分を見つめて カバー

「数学ガールの秘密ノート」、新刊が発売されました。
今回のテーマは「積分」。カバーイラストは、積み重なってひとつのゆるやかな形を作っている階段をモチーフに、オレンジ系の色合いで仕上げました。

現在、Amazon微積分カテゴリーでベストセラー第1位、数学カテゴリーで6位。さすが、結城先生… m(_ _)m

数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
結城浩 著
SBクリエイティブ 刊
「数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて」Amazon詳細はこちら

(内容解説)
積分って、こんなに易しかったの?

本書のテーマは、高校生・大学生の必須科目となっている「積分」です。

高校で学ぶ積分は、微分と並んで現代の数学や科学の基礎となっている分野です。科学の世界で積分が使われるのはもちろんですが、私たちの日常生活でも「刻々と変化する量の合計を考える」というのは極めて基本的なアイディアでしょう。

微積分(微分と積分)といえば、三角関数に並んで数学の苦手意識を刺激するキーワードですが、その本質は決して難しくありません。本書では、速度と距離という日常的な例から始めて積分をじっくり学びます。

既刊『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』と合わせると、微積分の基礎を学ぶ最高の《微積分セット》となるでしょう。


複雑で目に見えない数学のコンセプトを、どうやったら一目でわかりやすく伝えられるか。いつもながら、「数学ガール」は、私にとっては内容が難しくてハードルが高く、だからこそやりがいのあるシリーズです。

今回の「くねくね階段の3人」も、とても気に入っているビジュアルです。明るいオレンジをベースに、希望いっぱいの画面に仕上げました。

数学ガールの秘密ノートー積分を見つめて カバー2

また、本文内にも、鉛筆で描いたスケッチが20点ほど入っています。小さなカットではありますが、厳選して描いたモチーフばかり。表紙裏の机のドローイングを含め、どれも気に入っています。

ぜひぜひ、たくさんの方に手にとって頂けたら嬉しいです!

「数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて」Amazon詳細はこちら


友人の展覧会へ。「ベルリン暮らしのサービスセンター」と文具屋さんsowale。

Sowale entrance

先日、ベルリンでお友達のイラストレーター、朝陽このみさんの展覧会へいってきました。

会場は「ソワレ sowale」さんという、日本人カップルが経営する素敵な文具屋さん。ベルリンのミッテ地区、エバースベルダーシュトラーセ近辺の、便利でおしゃれなエリアにあります。

sowale-berlin-inside(photo by sowale)

ベルリンの文具屋さん・ソワレ sowale

このみさんは、ドイツ人のご主人ヨヘンさんと一緒「ベルリン暮らしのサービスセンター」を立ち上げたばかり。

「ベルリン暮らしのサービスセンター」サイト

サイトを覗き、このみさんのかわいいイラストにほっこり。サービスを頼むと、駆けつけてくれるヨヘンさんの優しいスマイルにまたほっこり…。異国でドイツ人の助けをなかなか借りられずに暮らしている私たちのような住人には、とってもありがたいサービスなのです。

ベルリン暮らしのサービスセンターサイト画像

手続き代行やお役所などへの付き添い、翻訳サービスなどの他、ドイツ語クラスやヘアカット、写真撮影などなど、たくさんのコラボサービスを展開中ですので、ベルリンにお住まいの方、ベルリンに旅行で来られる方は、ぜひご活用ください!

わたしとクリスも、現在ヨヘン先生のドイツ語クラスを受講中です。またクラスの様子もお伝えします^ ^

Sowale and the street
展覧会のあとは、お気に入りの餃子屋さんWok Showへ。このところバテ気味だったので、しこたま豚セロリ餃子を食べて帰りました。
美味しかった!

「はじめてのぎょうじ」でたなばたの物語を描きました。

学研たなばた1

一年もあっというまに過ぎ、もうすぐ七夕。
お子さんと一緒に、お願い事を短冊に書いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしも、この夏はふたつの七夕物語の絵を描かせていただきました。ひとつは、学研プラスさん刊行の「はじめてのぎょうじ」という行事絵本です。

はじめてのぎょうじカバー

「はじめてのぎょうじ」3・4・5さいだもん (ふれあい親子のほん)
加藤 紫識 監修
学研プラス 刊
1728円

学研たなばた3

わたしの描いた「たなばたのおはなし」は、3見開きの物語になっています^ ^
ぜひ本屋さんでご覧いただけたら嬉しいです。

 

そういえば、いつのまにか夏至をすぎていたんですよね〜。

日本では、夏至…といっても、「これからどんどん暑くなるのに」という感じでピンとこないんですが、これが、ヨーロッパでは事情がちがいます。

こちらでは、夏至までぐぐーんと日がのび、夜十時二十分くらいまで余裕で外が明るい日々が続くんですが、この日を境に、目に見えて日が短くなってきます。秋までに、なんとまあ、夕方四時には真っ暗…という日々に。。

みんなこれを心得ているので、夏の明るい間は、とにかく外に出て、陽を浴びようと必死です。

わたしはもともと夏が苦手だったんですが、こっちに来てから、夏の明るさのありがたみをしみじみ感じるようになりました。まあ、暗いならそれなりにいいこともいろいろあるんですけどね。よく寝られるし、仕事や読書もゆっくりできるし。。

とはいえ、いずれにしても、七夕のような夏らしい雰囲気は、残念ながらこちらでは味わえません。冷たいビールを飲んで、夏を味わいたいと思います 笑

 

 

「はじめてのぎょうじ」Amazon詳細はこちら

 


ベルリンの夏。絵本制作中です。

berlin-studio1

ベルリンにも、夏がやってまいりました。
わたしにとっては、二度目の夏。

晴れると風がさわやかで過ごしやすいのですが、今年はドイツも異常気象の日が多いらしく、昨日はハンブルクの方で初のトルネード発生だそうです。

アメリカのトランプ大統領は「世界温暖化は作り話」と言ってますけどね〜。どうかなあ。

わたしは現在、絵本の締切を前に、イラストもりもり制作中です。

今回の題材は「いばら姫」。何度も描いてきた作品なのですが、民話っていうのは、毎回新鮮な発見があります。とくに今回は、実際ドイツに住んでからの制作なので、目線がずいぶん変わったような気がします。

どこが一番変わったかというと……たぶん、空間表現でしょうか。建物の中や外、色のとらえかたとか。やはり、日本で資料を見て描いていた頃とは、実感がちがう気がします。

ehon-making1

また、仕上げの行程にデジタルを使うようになったのも、作業プロセスの変化に影響しているかも。後ろの風景と前の人物を別々に描いて、あとでデジタル画面上で合わせるので、前よりも細かい調整が可能になりました。一枚絵の原画を楽しめないのは残念ですが、細かい描写や調整ができるので、メリットも大きいです。

仕上がりはもう少し先ですが、がんばります!


「自閉症の世界 」(講談社ブルーバックス)カバーイラストを手がけました。

講談社ブルーバックス新書から発売された「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」のカバーイラストを手がけました。

自閉症の世界カバー

「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」

講談社ブルーバックス
スティーブ・シルバーマン (著), 正高 信男 (翻訳), 入口 真夕子 (翻訳)
1728円(税込)
新書/Kindle版

「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」Amazon詳細はこちら

内容紹介
20世紀半ばに研究が始まった自閉症。さまざまな誤解と偏見を経て、脳科学的に理解されるまでをたどりながら、知的障害ではなく、精神疾患でもない、感じ方や考え方が異なる人たち=自閉症スペクトラムの真の姿に迫る。「脳多様性(ニューロダイバーシティ)」という新たな視点から捉え直す科学ノンフィクション。「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー、英国で最も権威あるノンフィクション賞BBC Samuel Johnson Prize受賞。


640ページという大作ですが、具体的な症例が物語風に語られていたり、社会が自閉症をどのように認識していったか…などなど、とても興味深く、読みやすい内容になっています。

最近は、セサミストリートが自閉症の子を一人メンバーに加えて、話題になっていましたよね。日本でもよく取り上げられるアスペルガー症候群も、自閉症のタイプのひとつ。

自閉症の人々やその家族が生きやすい社会になるために、まわりの人間の理解が深まることはとてもいいことだと思います。

カバーのイラストは、このところあらたに挑戦している、立体作品で構成しました。
デザイナーさんと相談しつつ、しずかな心の世界を、自分なりに表現しながら制作したのですが、いかがでしょう?

こちら、撮影時の様子です。

autisum-shooting

わたし自身は、残念ながらベルリンにいるため見られないのですが、友人が、東京の書店さんの様子を送ってくれました!

ノムさんや池上彰さんのお隣ですね♪

見かけたら、ぜひぜひお手にとっていただけたら嬉しいです!


「6/0 六つの無限空間」「コペルニクスの箱庭」オンライン販売をスタートしました。

picografika.stores.jp-image

picografikaのオンライン販売をスタートしました!

4月に発行しました小さな物語集「6/0 六つの無限空間」とミニ絵本「コペルニクスの箱庭」の二冊を、便利なクレジットカードやコンビニ決済、Paypal決済などでお買い求めいただけます。送料は三冊まで一律150円、ご注文をいただいたのち一週間前後でお手元に郵送いたします。

picografika store

「6/0 六つの無限空間」は、picografikaのウエブサイトからも直接お求めいただけます。ぜひご覧ください。

ZINE「6/0」カバー

小さな物語集「6/0 六つの無限空間」

500円(税込)
ソフトカバー単行本:100p
発行元:picografika publishing
104ページ
言語:日本語(うち一話のみ英語原文+日本語翻訳文)
発売日:2017年4月18日
寸法:A5サイズ縦(210mm-185mm 厚さ4mm)
小さな物語集「6/0 六つの無限空間」詳細はこちら

「コペルニクスの箱庭」ストーリーブックカバー

ミニ絵本「コペルニクスの箱庭」

400円(税込)
ソフトカバー単行本:28p
発行元:picografika publishing
言語:日本語
発売日:2017年4月18日
寸法:140mm-140mm 厚さ2mm
ミニ絵本「コペルニクスの箱庭」詳細はこちら


「ZINE Week」展に参加、2冊のリトルプレス本を出品いたします。

ZINE「6/0」納品です

自身の主宰するebooks/リトルプレス・レーベルのpicografika(ピコグラフィカ)より、2冊のリトルプレス本を刊行しました。4/18より外苑前のgallery DAZZLEにて開催される「ZINE Week」にて販売いたしますので、ぜひぜひお立ち寄りいただけたら嬉しいです!

ZINEって、なに?
と、よく聞かれるのですが、ZINEとは、「マガジンMAGAZINE」から「メガ(大規模な)」の部分を取り、「ジンZINE」だけを残したもの。個人やグループで発行するリトルプレス(小規模出版)は世界的にも盛んで、各地でたくさんのイベントが行われています。

物語集『6/0 六つの無限空間』のご紹介

いろんな分野の人が集まって、自由なテーマ、自由な長さで綴る物語の本を作れたら、きっと楽しいだろうな……と、ずっと思っていました。ずっとあたためていた、そんな小さな物語の本のプランを、今回の展覧会をきっかけに実現することができました。

私の近年の創作テーマである「物語の空間」のコンセプトをベースに、参加作家の皆さんに「日常空間と非日常空間との微妙な境目を感じるような物語」というキーワードだけお伝えして、自由に執筆&編成した作品を一作ずつ寄せていただきました。絵本や児童書の分野で活躍する作家のほか、三名の参加者が、舞台という「空間」に身近に接する現役の俳優・戯曲家で あるというのも、ユニークなポイントです。

もちろん自分自身、短編小説の執筆に挑戦。なんだかドキドキですが、ぜひたくさんの方に読んでいただきたいです。

また、寄せられた素晴らしい6つの物語からインスピレーションをもらい、オリジナルのカバー&それぞれの物語のとびら絵を、立体作品で制作しました。

しみじみ、新しい挑戦の詰まった一冊になりました。。

ZINE「6/0」カバー

『6/0 六つの無限空間』

文・太田衣緒/かんのゆうこ/クリスティアン・アルザッティ/古川大輔/根津弥生/たなか鮎子
イラストレーション・たなか鮎子
picografika publishing 刊
104ページ 182 × 210mm
500円(税込)

立体イラスト絵本『コペルニクスの箱庭』のご紹介

「コペルニクスの箱庭」ストーリーブック

こちらは、2月に銀座の巷房にて開催しました小品展、「コペルニクスの箱庭」を題材にした、小さな絵本です。

現代の若者カミンスキ君が、ふとしたきっかけから、16世紀の天文学者コペルニクスの思索の世界に迷い込み、彼の心の宇宙を垣間見ることになります。時代を超えた不思議な対話は、2人に何をもたらすのでしょう。

人間はその小さな心の中に、想像力、イマジネーションの力で広げられる宇宙を持っています。とてつもない遠いところに行く人、深い部分をみせる人。そんな世界に触れた時の感動を、ちょっとでも表現できたら…と思いながら作った物語です。

2月の立体作品のビジュアルとともに、お楽しみいただけたら嬉しいです。

「コペルニクスの箱庭」ストーリーブックカバー

『コペルニクスの箱庭』

文・イラストレーション たなか鮎子
picografika publishing 刊
24ページ 135 × 155mm
400円(税込)


どちらの本も、ギャラリーDAZZLEにて4月22日(17時)まで店頭発売後、ネットにてご注文をお受けします。また、Kindleでの出版も企画しています。詳細は後日picografikaのサイトにておしらせしていきますので、ぜひチェックして下さい。

http://picografika.com

うおーー。
どちらも、とても素敵な本に仕上がり、興奮しています。
また引き続きこちらのブログでも、詳細ご紹介していきますね!

展覧会は、他にも合わせて50人の作家さんたちがそれぞれオリジナルのZINEを持ち寄っての展示になります。
リトルプレスなどにご興味のある方、ぜひ覗いてみてください^ ^


ベルリンに一旦戻ってきました。

CafeMamas, Berlin

ベルリンに戻りました。

東京では、展覧会を終えたと思ったら風邪…と思いきやインフルエンザ、という展開で、結局やりたかったことの半分もできずに帰国。
心残りもありますが、全体的にみると、とても有意義な滞在でした。エネルギーも情報も、たくさんのフィードバックもいただいて、「やるぞ〜」という気持ちを持って帰ってくることができました。

やるぞ〜。

春もまもなく来ることだし、初の立体の展覧会もひとまずこなすことができて、なんとか自信もついたし、次の目標に向けて、また新しい一歩を踏み出したいと思います。

ベルリンは、あいかわらずのんびりムード。東京とはまた違ったおおらかな雰囲気を味わいつつ、カフェでほっと一息。とはいえ、東京から持ち帰った仕事が山盛りで残っているので、今月は休みなしで働かないとヤバそうです。

とりあえず、また4月にZINE展や会社のあれこれで東京に帰りますので、それまでの一月、がんばりたいです。

仕事の他にも、作家や戯曲家の皆さんとコラボしたZINE(リトルプレス)を、4月に発行予定です。私の立体作品のイラストと、オリジナルの短編の物語を一編、寄せる予定です。

コペルニクスのストーリーブックのこととも合わせて、また近々、詳しくおしらせいたしますね!

 


「コペルニクスの箱庭」展終了。どうもありがとうございました。

ギャラリー巷房、階段下

先週の土曜日、無事「コペルニクスの箱庭」展が終了いたしました。

小さな小さなスペースにもかかわらず、たくさんの方に来ていただいて、本当に嬉しかったです。どうもありがとうございました。

なんと言葉にしてよいかわかりませんが、今回、皆さんからすごいエネルギーをいただいた気がします。東京の人、すごい!それぞれが独自の視点を持っているのが伝わってきて、たくさん刺激を受けました。やはり、エッジの効いた都市で日々切磋琢磨しながら生きているのが東京の人なんだなあ、としみじみ。

立体作品upsidedown

東京を離れてロンドンへ行って以来、三年ぶりの展覧会。

その後ベルリンに移住し、そこで一年間作りためたオブジェたちと一緒に、東京の皆さんをお迎えすることに。初の立体の展示ということで、ハラハラドキドキだったのですが、おかげさまで、すごく素敵な一週間を過ごすことができました。

ずっと物語の絵を描いていて、いつも心の片隅にあったのは、「この登場人物たちが現実の空間に出てきたら、どうなるだろう」ということでした。彼らが形と重さを持って、わたしたちの住む空間に現れ、隣を歩き回っていたとしたら…。現実を現実としてしか見られなかったわたしたちの意識もちょっと変わり、楽しい想像力が動き出すきっかけになるんじゃないかな、と。

なので、来てくださった人があののぞき部屋(笑)に入った瞬間、「わあ〜」と楽しそうな声をあげてくれた時は、とても嬉しかったです。

会場が小さかったためか、思いがけずたくさんの方と、いつもより親密に話をすることができたのもおもしろかった。暗い部屋の隅にしゃがんで、怪しい立体作品に囲まれながら、コソコソ秘密の話…笑。ほんと、考えてみたら、なんだかすごくすごく不思議で、素敵な一週間でした。

見に来てくださる方と一緒に「空間」を共有できたのは、立体ならではの体験だと思います。

搬出後のギャラリー巷房、階段下

こちらは、搬出後の空間。ちょっとさびしい。。

……さてさて、終わってガクッとくるかと思いきや、
なぜか燃え尽きたのはクリスの方 笑。
インフルエンザにかかってしまい、今寝込んでいます。ユーは何しに日本へ?

クリスとギャラリー

 

……さてさて、
今回の展覧会のために作ったオリジナルの物語「コペルニクスの箱庭」を、4月に小さなストーリーブックにまとめ、4月18日より外苑前のギャラリーDAZZLEさんで開催される「ZINE WEEK」にて発売する予定です。また詳細をUPしてまいりますので、ぜひチェックしていただけたら幸いです!

また、来年の今頃は、青山のギャラリーハウスマヤさんで展覧会を予定しています。絵と立体、両方を展示したいと思っていますので、よかったら、ぜひぜひ遊びにいらしてください。

友人からもらった花