一週間経ちました。

本当に長い一週間でした。
私だけでなく、日本中の皆さんにとって同じだったと思います。

まだ状況は予断を許さず、被災地への物資不足も依然続いています。
こうしている間にも、冷たい被災地で耐えている人、原発で必死に働く人々、不眠不休で働く政府や公の機関、企業の方々がいます。
父の安否を気遣ってメール下さった方の中にも、電力関係で働く方がいて、同僚が被災地に続々援助に向かっているとのお話でした。

日常生活の中でも、励ましのメールをくれる人、街をいつものように歩く人々、カフェで会話する人の声まで、ありがたいなあ。。としみじみ思わずにはいられません。

実家の両親も、仙台で元気に過ごしてくれているようです。

こういう時は、つくづく自分の無力さを思い知らされますね。
絵なんて描いている場合か・・と。。
でも、すぐにとはいかなくても、私にもできることもきっとあるはずだと思い、今はできることをやりたいです。

そうそう、幸か不幸か、ちょうどクリスは出張で国内にいません。
メキシコのお母さんのためには良かったな〜と。本人もメキシコの家族もすごく心配してくれているようで、メールやスカイプでメッセージを送ってくれます。
一日も早く直接会って、楽しく話せる日がきますように。

今日は久しぶりに銅版画のクラスに行きます!


Comments are closed.