千鳥ケ淵の桜。

嬉しいニュース1。
福島大学同期の友人の妹さんが、福島市内にて無事出産!
母子ともに元気だそうで、写真もめちゃくちゃかわいく。。

嬉しいニュース2。
きのう先週神奈川のマンションに戻ってきていた両親と、
久しぶりに再会しました。
自宅の中でたき火をしている写真や、だるまのように服を着込んだ写真を見せてもらったり、武勇伝を聞かせてもらったり。
予想以上に元気炸裂で、心配したのを悔やむほどパワフルな両親ではありますが、こうして会って話ができることがつくづくありがたいです。

嬉しいニュース3!
今日は図書館への行き帰り、咲きはじめの桜をいっぱい目撃できました。
行きは市ケ谷・靖国神社、帰りは千鳥ケ淵を通って、初々しい桜を満喫。

そういえばこのところ珍しく、花の写真が多いですよね。
実はわたくし、普段はあんまりお花に癒されるっていうタイプではございませんの。そりゃ、嫌いじゃないんですけど。まあ、熱狂的に好きかっていうと、そうでもございませんの。

でも、今年はやはりずいぶん気分が違いますね。
同じことばかり言っていますが、
毎年変わらず咲いてくれる花ってありがたい。。
東京はいつも春がきれいですが、今年は特に、震災の傷跡にしみこむような春のやさしさをしみじみ感じずにはいられません。

こうやってお花の力など借りながら、
日本中で皆がそれぞれ少しずつ元気になって、
それぞれできることを精いっぱいやるのがいいんじゃないかと思います。

悲観的になりすぎたり、誰かを非難しててもしょうがないし。被災者と同じ気持ちを背負い込もうとする必要もないし(そんなの不可能だし、意味もない)。

生きている自分や動いている街に感謝しながら日常を取り戻して、楽しく毎日を過ごす方が素敵だと思います。
自分がまず元気になることで、人のことを思いやったり、明るい気持ちにさせたりすることもできるようになるんじゃないかと。

被災地の人々と連絡を取るとみんな、精いっぱい明るくやっている様子が伝わってきます。かえってこちらがパワーをもらっているんだから情けない。
見習いたいです。


Comments are closed.