童話集二冊のカバーイラストを描きました。

9.11から10年目、震災から半年。
時間はどんどん過ぎていくなあ、と思ってしまいます。

ナツメ社さん発行の童話集装画を二冊、手がけました。
ひとつは
幼子に聞かせたい おやすみまえの365話

裏表カバー全体に、いろんなお話の主人公たちを描きました。

もうひとつは
新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365

こちらは同じようにいろんなお話の主人公をポイントであしらってもらっています。

昔ページがすりきれるほど読んだのが、わたしの場合は童話集。
グリムやアンデルセンや、世界の童話やら。。
絵本よりも文字量が多く、絵のスペースは少し小さいのですが、
そこに並ぶカラーのイラストをくりかえし見るのがとにかく大好きでした。
今でも、いろんなさし絵を鮮明に思いだすことができます。

なので、童話集のお仕事はとても好きです。
しかも今回は、その表紙!ということで、特別思い入れの深い作品になりました。
ぜひ本屋さんで見て頂けると嬉しいです。
ちなみに「幼子に聞かせたい おやすみまえの365話」の方では、中のさし絵も数点手がけています。

この他にも、秋発行のものではいくつか童話集のイラストを描かせて頂いているので、これからまたご案内していきますね。

先日出版した「あきねこ」は、かんのゆうこさんのテキストがラジオでも朗読されたとのことです!
21日からは、「四季ねこシリーズ」全ての原画展が、青山ブックセンターで開催される予定で、そちらもとても楽しみ。。。
また詳細ご案内したいと思います。

ご案内だけでなく、この絵本についてのエピソードもいろいろ書きたいことが積もり積もっているんですが、なかなか書けなくて残念です(涙)。
また近々upしていきますね。

あと、このウエブサイト内の数ページが、若干壊れ気味ですよね。早々に解決したいと思いますので、ご辛抱頂ければ幸いです。


Comments are closed.