ジャン=ベノワ・レヴィさんにお会いしました。

Art Tailsで、Vol.4のカバー作品をデザインして下さった
ジャン=ベノワ・レヴィさんにお会いしました!
(写真右下がレヴィさん。お隣がノア君、そのお隣が奥様のクラウディアさん。
私は撮影係です)

レヴィさんはスイス出身のグラフィックデザイナーさんで、
現在はサンフランシスコでご家族と共にお仕事なさっているとのこと。

カストロ近くの素敵なご自宅にお邪魔させて頂き、
奥さん手作りのピザを頂きながら、
デザインやアート、サンフランシスコのお話を伺いました。

お宅はデザインとお子さんのおもちゃや絵本で溢れていて、
とっても心の安らぐ素敵な空間でした。
奥さん(クラウディアさん)の手作りピザも、めちゃくちゃ美味しかった。。

なぜ突然、このようなことになったかと言うと…
レヴィさんも現在、ポスターデザインによるチャリティーアプリを企画されていて、
システム面でArt Tailsが何かお手伝いできないか…というお話が前から出ていたのです。
今回クリスがちょうど出張でサンフランシスコに行くことになったので、
改めてこのような機会を設けて頂いた形です。

ポスターアプリに参画されているレヴィさんのお友だちのデザイナーさん、プランナーさん
(上のお二人)もいらっしゃって、とても楽しい会となりました。

わたしは「ザ・日本人」、「ザ・語学学校で勉強中の英語不得手者」オーラを発動し、
ボア〜っと座っていましたが、皆さんとっても親切で、
いろいろ日本の話をしてくれました。。

レヴィさんが日本に来た時に一番美味しかったのは、おでんだそうです!
「ブイヨンの中に何か浮いているんだが、それがスーパー美味しい」
みたいな表現で、おでんの素晴らしさを語ってくれました(笑)

下の写真は、ご自身の本にサインしてくれるレヴィさんと、
システム打ち合わせ中のクリス。

またレヴィさんの企画が具体的になったら、
ぜひご紹介しますね〜。


Comments are closed.