身近な若者たち。&ロンブー淳。

いえーい。先週友人たちと観た神宮前花火大会の時の写真です。
しかし、暑いっすよね。。

今週は、若者たちとつるむ機会の多い一週間となりました!
水曜日は、二年前サンフランシスコの語学学校で知り合った
大学生男子のK君と、社会人女子のNちゃんと、メキシコ料理。

全然会うはずのない三人が、日本に帰ってきてもこうしてお酒を一緒に飲める…。
素敵なことだよね〜、と話しておりました。

木曜日は、短期で通っている英語スクールで知り合った、
芸大大学院生のK君とご飯。
こんな年にもなってろくに美術史についても語れないオバサマに、
K君はいろいろ情熱的に教えてくれました(涙)
うう、勉強せんと……。

少子化だ、なんだで若い人たちの将来が不安視されていますが、
会って話すと皆明るくてフレンドリー。
頭もいいし、才能もあるし、偉いよ君たち!!

そういう人たちとたまたまご縁があっただけかもしれないけど、
嬉しくなっちゃいますね。で、刺激受けますね、すごく。

こっちもまだまだ進化し続けなきゃいけないと思ってます。
頑張ろうっと。花火!

そうそう、Yahooニュースに出ていたロンブー淳の脱原発&竹島に関するコメント。
前から思ってたけど、
私はこの人ってすごくしっかりしてるし、エラいと思う。

韓国との問題などもちょっとピリピリ気味ですが、
どこにだって、いろんな意見や思いの人がいるのは仕方ないこと。

そんな中、許されないようなことを言う人もいれば、
対話しよう、理解しようとしてくれる人もいる。
どこにだっていろんな人がいると思うので、
「国」でひとくくりにして判断したくない…という淳の意見には、
私も賛成です。

一番問題なのは、どの国だとかどんな主張かとかよりも、
すぐ極論に走る人たちの方じゃないかと。
感情に任せて攻撃したり、深く考えもしないで傷つけ合って、
いい結果が生まれるはずはないと思います。

韓国に限らず、近隣の国々とはお隣同士ということで、
いろんな摩擦が耐えないのは仕方がないんでしょうね。
時間はかかるし、お互い忍耐や寛容も必要だと思いますが、
いつかは乗り越えて、仲良くやれる日がくればいいのに…と、
心から思います。

あ、淳のコメント記事はこちらです♪
http://www.cinematoday.jp/page/N0035823


Comments are closed.