メキシコ滞在記。

毎日寒いですねー。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。


さてさて。
きょうは、メキシコでの写真をいくつかご紹介したいと思います。

クリスの大好きなお母さん。
悲報を受けた時、ちょうどクリスは一人で海外出張中でした。
わたしは日本にいて、大事な時にそばにいてあげられず。

次の日のフライトでメキシコに向かい、合流したクリスや、クリスの親族に会いました。向かう途中は心も重く沈んでいたのですが、実際に向こうへいって、皆の顔をみたらすごく気持ちが落ち着きました。
メキシコはいつも変わらずカラフルで明るく、弔問にやってくる皆さんも素朴であたたかい方ばかり。義母の棺もいっぱいの百合とカラーで飾られていて、とても美しかったです。

今回、こうやって写真をUPするのもどうなのかな〜と迷っていたのですが、「不謹慎」という言葉の似合わない、リラックスした時間の記録ということで、一部紹介させて頂きますね。

弔問のあと、二つの寺院でミサが行われました。
カソリックのセレモニーに、しかも親族として参加するのは初めてだったのでとても緊張したのですが、神父さんを含め家族となじみの深い地元の方がたくさん参列されていて、あたたかく、厳かな雰囲気でした。

私はろくにスペイン語もしゃべれないので、後ろの方にこっそり隠れていようと思うのですが、
どの方も律儀にご挨拶にきてくれるんですよね。
メキシコでは男女問わずハグとキスをするので、今回わたしも、数えきれないくらいたくさんの人とハグ&ほほキス経験をしました。
わたしも他の日本人同様、普段スキンシップは苦手なタイプ。しかし、これが慣れてみるとですね、すごく心のやすらぐもので。。すぐに仲良くなれる気がするし。
もっと日本人もスキンシップするといいんじゃないかなあ、と思いましたですよ。

さてさて、こちらはミサも終わって一息ついたあと。
友人宅を訪ねて、近郊の町、St Miguelへ。世界遺産にも指定されている、きれいな町なのです。
こちらはSt Miguelの寺院。

こちらは、途中立ち寄ったタイル工房。

最初の写真でもご紹介したのが、
これまた世界遺産の古い寺院、アトトミルコ。
中の壁画もすごいのです。色合いがシックで、私とても好きでした。

こちらはクリスの姪っ子ちゃんとそのボーイフレンド、クリスとの記念写真。
一週間クリスのお兄さん宅にお世話になっていたのですが、
彼らがいてくれたおかげで、とても心が和みました。。
そうそう、クリスは皆から「日本人っぽくなった!」と驚かれていました(笑)

役立たずのボンヤリ日本人でも優しく受け入れてくれるメキシコと、
クリスのお母さん、ご家族に心から感謝。

さてさて、クリスも先週日本に戻り、元気に過ごしております。
日本からもお気遣い下さったたくさんの方がた、本当にありがとうございました!


Comments are closed.