永井一正先生展覧会 in gggギャラリー。

水曜日、楽しみにしていた永井一正先生の展覧会へ。
ギンザ・グラフィックギャラリーで、3月5日より。

銅版画のクラスで10年以上ご一緒させて頂いてきた先生ですが、最近はお互いクラスに行く時期がズレたりして、なかなかお会いできず。。今回オープニングパーティーで久しぶりにお顔を拝見して、とても嬉しかったです!

このところ個人的にグラフィックデザインへの興味が回帰していることもあって、永井先生から少しでも創造のエッセンスを吸収したい!と、オープニング前に開催されたトークショーにも参加。同じくデザイナーをされている、息子さんの永井一史さんとの対談は、リラックス&情熱いっぱい…の内容で、いろいろ勝手に刺激を受けてきました。

面白かったのは、とにかく永井先生、作品やデザインの話を始めるととめどなくどんどん話し続けること(笑)。クラスではいつも無口で穏やかな印象なのに、こういった講演やインタビューでは、大変流暢にお話されるんですよね。一史さんが無情にザックリと話を切らなければ、いつまでも話していられそう…という感じ。

でも、だからこそ驚くのが作品のシンプルさなのです。スパーン、と無駄なものが一切取り払われている感じ。

きっと、言いたいことはたくさんあるんだろうと思う。でも、その思いの数々を、別の方向から冷静なデザイナーの目で見直して、本当に本当に言いたいことだけを抽出してポスターに落とし込む。
トークショーの中でも先生が「思いの凝縮度、表現したいことの密度が作品の個性を生む」ということをおっしゃっていましたが、まさにその密度が、作品の「強さ」として、シンプルなポスターたちの中に息づいている感じがしました。

もうひとつ、先生の作品はとても男らしいな、と思う。なんだか、切れ味のいい日本刀である瞬間を切り取ったような。禅のコンセプトに通じる潔さのような、まっすぐした感じ。迷いのない感じ。
素敵だなあ。銅版画の原画も素敵だけど、やっぱりポスターが一番カッコいいですね。俺はグラフィックデザイナーだ、どうだ!って感じがしますねえ。

展覧会の詳細はこちらです。
銀座へいらっしゃる際には、ぜひgggギャラリーへ。

「LIFE 永井一正ポスター展」
2013年03月06日(水)~03月30日(土)

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
tel 03-3571-5206
11:00am-7:00pm(土曜日は6:00pmまで)日曜・祝日休館


Comments are closed.