ロンドンは桜が満開です。語学学校、終了。

こんにちは。
ロンドン、ほんとにすごいあたたかくて、なんと今日は皆さん半袖っすよ!
桜もいたるところで満開…(ロンドンは桜の木が多い)。

20140309-113707.jpg

日本人としては、桜の木の下を素通りするのが辛い。
あそこでビール飲んだら美味しいだろうな。。


さてさて、先週の金曜日、無事に語学学校のコースを終えました(^ ^)

Russel Square近くにあるSt.Giles Collageという学校に2ヶ月通っていたのですが、環境のいい良い学校でした。

最終日近くはなんだか寂しくて、かなりセンチメンタルな気分になっていたのですが、最後はクラスメイト皆とハグをして、先生にもお礼を伝えて、いい形で終わることができました。

このクラスのいいところは、大学院留学用のテスト(IELTS)専門のクラス、というところ。目標がはっきりしているので、クラスメイトのモチベーションも高い。毎週のように誰かが試験を受けるので、対策や傾向を話し合ったり、励ましあったり。

トルコやブラジル、ロシア、スペイン、サウジアラビア、オランダ、タジキスタン、メキシコ、台湾、韓国…とホントに国籍も多様だったんですが、皆しっかりした考えを持ったいい子たちばかりで、年上の私が一番チャラいんじゃないか…何か大事なものを、どこかに置き忘れてきたんじゃないか(笑)…と思うこともしばしばでした。

Willという先生も情熱的な人で、教え方もわかりやすく…。前回も書きましたが、私自身も無事目標のスコアを達成できたのは、彼のおかげなのです(^ ^)

今思うのは、海外移住を考えるにあたって、大学院留学をターゲットにしてほんとに良かったな〜、ということ。本当はこの年で今さら学校入り直す必要なんて無いのですが(笑)、ビジネスよりも学術的なアプローチを選んだおかげで、きちんとした英語と一緒に、現代の国際問題とか科学、教育などの意識を洗い直すことができました。こうやって世の中の空気感やモラルなどを共有することは、物語や作品作りにも役立つんじゃないかと。

こうしてひと区切りついてひしひし思うのは、私は本当に恵まれているなあ、ということ。こちらでいい友達に出会えるのも、家族や日本の友人、お仕事の皆さんから応援してもらえるのも、いろんな幸運の重なりだと、ホントに思います。
その分、できることを全力でがんばりたいです。

さて、今日はこれからデザインのコースで知り合った友達二人と、
ランチ&美術館へ行って参ります〜。楽しみ(^ ^)


Comments are closed.