童話集「女の子に贈りたい名作」でゆきむすめなど描きました。

イラストの仕事のご案内です☆
童話集の中で、2話のお話のイラストを担当しました。

「いつまでも心に残る! 女の子に贈りたい名作」
(PHP研究所刊 ¥2700)

““名作”は一生のたからもの。これだけは読んであげたい定番のお話&秀作。児童文学界の第一人者が選んだ、至高の22作品! ”

わたしが描かせて頂いたのは、ロシア民話の「ゆきむすめ」と立原えりかさんの創作童話「にんぎょのくつ」。

おなじみ「ゆきむすめ」は昔から好きなお話だったので、イラストを描く機会を頂けてとても嬉しかったです。少し悲しい結末ですが、雪と自然に囲まれたロシア独特の雰囲気を感じて頂けたら幸いです。

「にんぎょのくつ」は、またがらりと雰囲気が変わり、現代のお話。
立原えりかさんのオリジナル童話で、ある小学生の男の子の日常をさりげなく、あたたかく描いたさわやかな童話です。

日本のお話ではあるのですが、舞台となる湖のシーンは、昨年見たスイスの湖のような、涼しい北国の雰囲気を混ぜて描いています。

こちら二話、年末〜年明けにロンドンで仕上げ、イラストはスキャンデータを入稿してのお仕事第一号でした。船便が届かず、到着したばかりのロンドンでスキャンできる店を探し回ったことが思い出されます。。
ご不便をお掛けしましたが、こうして無事にできあがって良かったです…!

本屋さんで見かけたら、ぜひぜひご覧ください(^ ^)


Comments are closed.