New Work:「数学ガールの秘密ノート-丸い三角関数」装画、挿絵を描きました。

おしらせです。
「数学ガールの秘密ノート」シリーズ第三弾のカバーイラストと挿絵を手掛けました。
I made the book cover and cut illustrations for new ‘Math Girl’ series!

「数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数」
ソフトバンククリエイティブ刊 
¥1,620
Amazon詳細はこちら

中学生・高校生レベルのやさしい数学を楽しい会話で学ぶシリーズ第三弾。
多くの人が苦手意識を持つ「三角関数」をテーマに、
「僕」と三人の数学ガール(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ)が楽しい数学トークを繰り広げます。

高校生チームは、サイン・コサインから始まって三角関数の加法定理と回転行列を、
中学生チームは、サインカーブ、リサージュ図形、そして円周率を電卓で求める方法を学びます。
三角形や円などの具体的な図形を通して、三角関数の不思議で興味深い性質が明らかになっていきます。
本書全体を通して、三角関数の知識が増えることはもちろんのこと、数学への取り組み方や、
仲間といっしょに問題に立ち向かう方法論についても体感することができるでしょう。
中学生・高校生をはじめとして、数学を楽しみたいと思っている社会人にもお勧めできる一冊です。


今回は、新緑をイメージしたさわやかな緑をテーマに、
三角と○のイメージをたくさん本の中に盛り込んでみました。
いつもながら美しい米谷テツヤさんの装丁も、とても気に入っています(^ ^)

「数学ガール」シリーズは、今年度の「日本数学会出版賞」なる素晴らしい賞を受賞したそうです。
数学界への貢献度の高い作品にいただける賞…とのこと。。

著者の結城先生や編集のNさん、装丁家の米谷さんとも先日久しぶりにお会いして、打ち上げ会にて楽しいお酒を頂きました☆
もう7年以上続くこのシリーズですが、結城先生も相変わらずエナジティックで情熱いっぱい。頼もしいチームでご一緒させて頂けて、ありがたいなあ…とつくづく感じています。

どうぞご興味のある方、書店さん&Amazonでチェックしてみて下さいね!


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.