猫と渡英。ロンドンのヨゴ、不機嫌ですが元気です。

こんにちは。
気がつくと、なんともう7月!更新が滞ってしまいました。。

前述のように4月から6月なかばまで東京で過ごし、10日ほど前にロンドンに戻ってきました。
今回の移動の目玉はこの人。じゃない猫。
そうです、うちの猫ヨゴロウザがロンドンにやって参りました。

書類を書き間違えたり準備物を忘れたり、どうなることやら…と思った猫の渡英。
イギリスへの空輸は貨物室での別輸送のみと決められているため、機内でも別々。エンジン音でさぞかし怖い思いをしているだろうと思うと気が気でではありませんでしたが、ヒースロー空港の検疫センターから、憮然とした顔の猫を受け取った時は、心底ホッとしました。。

こちらのアパートに着いたら、今度は運悪く建物の塗装大工事中で、これまたビビリ猫には試練の連続…ではありますが、精神の弱さを補って余りある体力の持ち主のため(誰かに似てる気が…)日に日に新しい環境にも慣れてきている様子です。

明らかに不機嫌ですけどね…。
人生初の「階段」は気に入った様子。

頭挟まっても知らんよ…。

猫のことで心配してくれたり、励ましてくれた友達、また、検疫から空輸手配まですべてアドバイス&お世話して下さったWorld Care Pet Transport(ワールドケア ペットトランスポート)の方々、本当にありがとうございました!!
親切でしっかりしたサポートをして下さるので、ペットの空輸をお考えの方には大きな助けになる存在です。


しかし、いつにも増して「あっというま」の2ヶ月でした。
いつも移動前後は嵐のような状態になるのですが、今回はズバ抜けて慌ただしく。。

自分なりに最善を尽くしたつもりではあったのですが、仕事上の連絡の行き違いや書類のミス等々でいろいろな方にご迷惑をお掛けしてしまいました。プライベートでも会えずに失礼してしまった方、申し訳ない限りです。

でも、おかげさまでこの東京滞在期間中、ペンディングしていたことをいろいろ解消できました。絵本や童話集の入稿、会社への業務移行から家の大整理まで、クリスや税理士さん、家族の助けもあってなんとか乗り越えることができ、今は心底ホッとしています。

ホッとしすぎたのか、こちらに到着後はお決まりのギックリ腰が再発していますが、これも「とにかく寝てろ…」という体からの指令と心得、おとなしく回復を待っているところです。
ロンドンは気候もよく、カラッと晴れて涼しいので、よく眠れてありがたい。。

新しいお仕事の画像や小さなおしらせも溜まっておりますので、また近く更新したいと思います!
ワールドカップもたけなわですし(こちらは5時〜11時のゴールデンタイム放映でウハウハす)、Wimbledonでは錦織選手躍進中。来週にはツールもロンドンにやってくる、ということで、写真も随時UPしたいと思います〜。

というわけで、最後は敗北直前のメキシコゴールに浮かれるクリスの写真で締めたいと思います。
残念!