A day in Wimbledon: ウインブルドン行ってきました!

今週末でウインブルドンも終了…ということで、
念願の現地観戦へ出掛けてきました。

…といっても、センターコートのチケット取って入ったセレブ観戦ではなく、並んで入場料だけ払い、外のスクリーン前でのゴロ寝観戦。
いやまあ、暑かったのなんの。。

しかしこちらの人は、日焼け全然気にしないからすごいよね。
サロン行かずにタダで焼けてお得…みたいな感覚なのかなあ。私はずっと傘かぶってましたよ。。

というわけで、写真をいくつかUPいたしますね〜☆

こちらクリス。

車椅子テニスの選手。カッコイイ。

前に並んでいた老夫婦に、写真撮ってもらいました☆

試合はジョコビッチが4セット目、辛くもタイブレイクで逃げ切り。
相変わらず天の邪鬼の私は、憎まれ役で人気のないジョコビッチ派なので、嬉しかったです。まあ、決勝がフェデラー相手になっちゃったから、日曜日はまた輪をかけて悪役になるんだろうけど。。

W杯も今日はフランスードイツ戦、コロンビアーブラジル戦と、いよいよクライマックス。
祭りがどんどん終わって行くのが寂しいス!!


This entry was posted in Sports スポーツ by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.