ORDINARY “BOOK SELECTION”に寄稿しています。

bookselection_15

以前ご紹介しました、Webマガジン ORDINARYさんのイベント”Death Cafe”(3/5開催)のコラボ企画”BOOK SELECTION – 「死生観を変えた一冊」のコーナーで、選書コラムを書かせていただきました。

ORDINARY BOOK SELECTION
http://ordinary.co.jp/bookselect/”

“Death Cafe”イベント詳細
http://ordinary.co.jp/deathcafe/

bannert_tokyolitfest_160201

わたしは、子供の頃からくりかえし読んでいる、U.K ル=グゥイン著の「こわれた腕輪」(ゲド戦記シリーズ2巻)をセレクトしています。暗闇で暮らすひとりの少女が、あたたかい光を持った魔法使いと出会い、自分の人生を変える選択をする過程が描かれています。この本には、たびたび励まされたり、勇気をもらったりしてきました。

ged2
こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉 (岩波少年文庫)
アーシュラ・K. ル=グウィン (著)
Amazon詳細はこちら

よかったらぜひ読んでやってくださいませ^ ^
5日のイベントにも、もしご興味があればぜひ!


This entry was posted in Activity Info おしらせ, Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.