“In Japan – 2015” クリエイターの「目」。

今日は、たまたま見つけたビデオのご紹介を。
SNSでもシェアが増えているようですが、日本をコンパクトに切り取った美しいビデオクリップを見つけました。
なんと、三週間の旅行中に撮ったものだとか。

In Japan – 2015
Vincent Urban

ロンドンで大学院を終えて、一番思ったこと。
クリエイティブに一番大切なのは、質のいい「目」なんですね。

技術よりも、うんちくよりも、ものを見る「目」がどれだけ成熟しているか、自分らしい視点に立てているか。
クリエイターとしての自分のその目に、理想があるか、哲学が伴っているか。

目が肥えていれば、その他は未熟でも大丈夫。自分をジャッジする目が厳しく、客観的であれば、おのずと技術もうんちくもついてきます。

三週間で、おそらくよく知っているわけでもない日本に来てこのクリップを作るには、それ相当の目が必要だったに違いありません。もちろん、技術も洗練されていますけどネ。

ちなみに、友人からもうひとつ、おすすめのビデオを教えてもらいました^ ^
秋田の優しい風景が沁みます。

美しく、儚い日本の姿があざやかに凝縮された作品たち、良かったらぜひ見てみてくださいね!