「数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実」のご紹介。

p9-sugaku-vector

人気シリーズ「数学ガールの秘密ノート」。今回の「場合の数」のひとつ前に出版された本のご紹介です。おなじみ結城浩先生のテキストに、カバー&本文イラストを添えさせていただきました。

「数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実」 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
結城 浩 著/SBクリエイティブ 刊

Amazon詳細はこちら

ベクトルの基礎から応用まで。抽象的で理解が難しいと言われるベクトルの世界を、「僕」と3人の数学ガールが、たくさんの図と具体的な問題を通して、やさしく解き明かす、魅惑の数学トーク第6弾。

目次
プロローグ
第1章 そんな私に力を貸して
第2章 無数の等しい矢
第3章 おいしい掛け算の作り方
第4章 形を見抜く
第5章 ベクトルの真実
エピローグ

p9-ph-sugaku-himitsu4
「数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて」と一緒に。

秋にお届けする作品、ということで、秋らしい紅葉のイメージをモチーフにしました。もちろん、いつものように結城先生や編集のNさん、デザイナーの米谷さんの知恵もお借りして…。トピックが「ベクトル」ということで、重力を連想させる落ち葉がふさわしい、というアドバイスを頂き、三人の登場人物と共にイメージを膨らませました。

他のシリーズとも、ぜひあわせてご覧いただけたら嬉しいです!
Amazonで見ると、「秘密ノート」シリーズは色がきれいで、なんとも楽しいのです♪

Screen Shot 2016-04-20 at 12.54.15

現在発売の「場合の数」と一緒に、きっと平積みされている書店さんもあるかと思います。
ぜひ見てみて下さいね!