鏡リュウジさん新刊「占星術夜話」カバーイラストを描きました。

占星術夜話_cover-blue

「占星術夜話」
鏡リュウジ 著
説話社 刊 ¥3,024

Amazon詳細はこちら

「僕がこれほどまでに天のドラマに魅了される理由はこの60の話の中に隠されている。

本書は学研『ムー』で連載されていた、「占星術夜話」と「占星術秘話」に加筆・訂正を加えて1冊にまとめあげたものです。 本書のタイトルにもある占星術ををはじめとして、心理学、タロット、ハーブ、宗教、絵画、ワインの話もちりばめられた、60話の星をめぐる物語です。読みやすくて、ぐいぐいと読者をつかんで離さないその文章の力強さは、翻訳者として、また、西洋占星術の研究家として名を馳せる著者ならではの博覧強記の芸といえます。本書で紹介する1話1話に、著者の占星術に対する熱い想いが込められていることを感じていただけるでしょう。」

astrology-cover-ph1

昨日手元に届いて、嬉しく封をあけさせていただいた新刊。
鏡リュウジさんの新刊、「占星術夜話」です。

今回、この素敵な本のカバーイラストを描かせていただきました。
中には60のエッセイが入っていて、どれもとっても読み応えのあるものばかりです。占星術にまつわるさまざまな国の歴史、人物、不思議なエピソード、などなど。。

自分自身すごく興味のある分野だったこと、ユング心理学と占星術のつながりなども興味深く、むさぼるように読んでしまいました。

鏡さんご自身、イギリスに魅了されていらっしゃって、たびたびロンドンにいらっしゃってるんだそうです。ちょうどこの本のお話をいただいた時、わたしはベルリンに引っ越してしまっていたので、お会いすることが叶いませんでした…。すごーーく残念!

astrology-cover-ph2

カバーは、鏡さんが英国のファンということ…私自身も英国ヴィクトリアンな文化が大好きなことから、エッセイにも登場しているアラン・レオというイギリスの占星術師をイメージしながら描きました。

個人的にケプラーが好きなこともあり、本人の似姿や、ケプラーの本の扉絵に使われたドーム型の建物を裏表紙に持ってきました。

染谷さんのデザインも雰囲気があってとても素敵です。原画のイメージを大事にしてくださったのか、質感のある紙で包んでくれています。

ぜひぜひ、本屋さんでお手にとっていただけたら嬉しいです!


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.