ヘルシンキ空港にて。東京での二週間。

FullSizeRender

二週間の東京滞在がおわり、今ヘルシンキ空港でノマド中。

皆ヨーロッパらしいのんびりした雰囲気。テーブルもデカいし人もデカい。牧歌的です。

さてさて、東京。
とっても実りある滞在でした。

打ち合わせや友達との情報交換、ふたつの展覧会の予定を組んで、久しぶりに銅版画まで刷っちゃいました。展覧会は、美術館から小さいギャラリーのものまで含めれば、10か所近く足を運び、鎌倉の禅寺で静寂と蝉の声を楽しんだり。

来年参加予定のミュンヘンの絵本研究プロジェクトの件でも、K社の編集者さんたちや上野こども図書館関係の方が、たくさん知恵を貸してくれました。メールお送りしたらしたで、皆さんポーンとボールを受けるようにすぐお返事をくださるし(涙)いやはやあの、打てば響くスピード感。

東京の良さは、あのダイナミックさだな、と思います。誰かと会えばすぐ、情報を共有したり他の会合に誘ってもらったりして、次の日からの予定も2倍に増えちゃう。気のおけない仲間とのリラックスした飲み会の中でも、有益な情報や刺激がいっぱい転がってる。

久しぶりに会った友達や家族とワイワイやれるのも楽しくて、自分って幸せ者だなあ、としみじみ思いました。

今回お会いしたみなさん、本当にありがとうございました!

14183787_1423664884316371_4285153856010098579_n

日本ならではの小さな文化のかけらに出会えるのも楽しかったな。下町の神社とか居酒屋とか、鎌倉とか。

14192168_1423663597649833_6478404060168214629_n

一方で、東京という街そのもののあり方や、人々の雰囲気などは、多少違和感を感じる部分もありました。
「あれ?」って、街中で立ち止まっちゃうような。知らないうちに、ベルリンののんびりした空気に馴染んじゃっていたんでしょうかね。

なんというか、東京の人々は、表情が全体にちょっと暗いかも。街中で何度も人とぶつかりそうになることがありましたが、にこっと笑う小さな交流とか、ほとんど無いのは寂しかったです。今更ですが、人が多すぎ…なんでしょうかね。

14233196_1423663840983142_5944006419479910082_n

あとは、新しすぎて環境になじんでいない街並みやお店が多いとか、街灯とか店のライトが明るすぎて、落ち着かないとか。。「必要かな?」という設備や広告が多すぎるからでしょうか。ああいうの、実は結構日常の心理に影響を及ぼすと思うんですよね。

便利にしてゆとりをもつつもりで作ったものに、逆に苦しめられるんじゃ仕方ない。いくつか省いて日常空間の余白を増やすだけで、きっとぐっと気持ちの落ち着きが変わってくると思うんですが。。

まあまあ、でもそういういろんな表情を持つのも、
東京のいいところ、なのかも。

というわけで、
行ってきた展覧会の情報など、また続いてUPしていきたいと思います^ ^

IMG_1571