「はだかのおうさま」が名作シリーズ絵本として発売されました。

p22-ousama-16hardcover

芸術の秋ですね。
ベルリンも、数日前からがらっと空気が変わり、すっかりの秋の雰囲気になってきました。
木々の色も、緑から黄色にかわってきているのがわかります。
秋、大好きなので心がワクワクします。

絵本発売のおしらせです。
14年に定期購買のソフトカバー本として出版された「はだかのおうさま」が、フレーベル館「ひきだしのなかの名作シリーズ」の一冊として、ハードカバー版でうまれかわりました。

91Kbq2qzybL

はだかのおうさま – ひきだしのなかの名作シリーズ
立原 えりか (著), 西本 鶏介 (監修), たなか 鮎子 (イラスト)
フレーベル館 刊
¥1382(税込)

Amazon詳細はこちら

フレーベル館の紹介ページはこちら

こちら「ひきだしの中の名作」は、創業110年のフレーベル館から発行される12冊の名作絵本シリーズ。以前は保育園や幼稚園で定期購買しているお子さんにしか手に取っていただけなかったのですが、今回は市販本ということで、書店やアマゾンでも気軽にご購入いただけます。

動きもよいみたいです^ ^
たくさんの人に読んでもらえたら嬉しいなあ。。

p22-ousama-hardcover-naka

中表紙はこんな感じ。

p22-ousama-hardcover-hyou1-4

カバーを取ったところにも、かわいい仕掛けが…。ひきだしの鍵穴から、おうさまがチラリ。あやしい二人組も。

p22-ousama-16hardcover-back

機会がありましたら、ぜひ本屋さんで手に取っていただけたら嬉しいです。
また、わたしのウエブサイトでもイラストの紹介をしています。よかったらご覧ください。

たなか鮎子Website 「はだかのおうさま」


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.