ドレスデンのクリスマスマーケットへ。

1612-dresden5

先週、ドレスデンのクリスマスマーケットへ出かけてきました。

ドレスデンは、ベルリンから約2時間ほど南東へ下ったところにあるザクセン地方の中心地。前もってチケットを予約しておけば、往復3000円ほどで行って帰ってくることができます。

この町には、この夏弟が来た時に行ってきたのですが、その時の印象がとてもよかったので、今回はクリスと一緒に、評判のクリスマスマーケットを見にいってきました。

1612-dresden12000px

1612-dresden22000px

1612-dresden10

1612-dresden6

わたしは子供の頃からドイツのクリスマスマーケットが大好きで、これまでいろんな町のマーケットを見てきましたが、ドレスデンのは、これまで見た中でも数本の指に入る良さだったかも。他には、ハイデルベルグのもよかったです。

いちばん素敵だったのは、間違いなくザルツブルグ。オーストリアなんですけどね。。

ちなみにベルリンは、大きな都市ということで、クリスマスマーケットも割と商業化された雰囲気のお店が多いのがすこし残念。

1612-dresden11

1612-dresden3

さてさて、話をドレスデンに戻すと…。

ここのクリスマスマーケットは、一言でいうととてもクラシック。古くてエレガントな町並みと一緒、ドイツらしい伝統的な雰囲気のお店が多かったです。鉄職人が炉に火を入れて鉄を打っていたり、デカいお兄さんがバームクーヘンをぐるぐる回して作っていたり、木彫りの人形をその場で彫っていたり。

1612-dresden4

1612-dresden9

ザクセンは、チェコやポーランドと国境を接していることもあって、民話的で魔的な、豊かな文化があるエリア。私個人は、とてもそそられるものが多いところです。夏に訪ねた時も、絵本やイラストのテイストの合うものを多く発見して、かなりムラムラきた記憶が…。

もっといろいろ知りたいことがいっぱいあるんですが、一番の障壁はドイツ語。民族色が強いエリアなだけに、ドイツ語ができないとお話にならないんだよな〜。

ちなみにこのお店は、鉄職人さんのワークショップ。
彼の店で、木の枝のような手作りのキャンドルスタンドを買いました。

1612-dresden8

家で飾ったところ。クリスも満面の笑み。ちょっとプリンター、邪魔ですけどね 笑

1612-dresden14

今週ベルリンのマーケットでは、痛ましいテロ事件があったばかり。
昨日はわたしたちも、現場に追悼のキャンドルをあげに行ってきました。

先ほど犯人がミラノで警察に撃たれて死亡、という後味の悪い結末が報道されているのを見ましたが、そのせいもあってか、今年のベルリンのクリスマスは、なんとなく静かなような。

ドレスデンでとってもいい思い出を作ってきたので、わたしたちも今年はその気分を家に持ち帰って、静かに過ごそうと思っています。

1612-dresden12