「コペルニクスの箱庭」展 在廊予定など。

コペルニクスの箱庭展作品

こんにちは。

昨日より「コペルニクスの箱庭」展、スタートしました!
ビル地下の、寒くて小さい会場にもかかわらず、朝からたくさんの方が顔を見せてくださって、とても嬉しかったです。

いろんなコメントや感想をいただいたり、近況を伝えあったり。
やはり東京にいると、活動的なエネルギーをびしびしもらえて、すごく励みになります。

すでに、次にやりたいことや考えなくてはいけないこと、技法上試したいことや修正点などもいろいろ頭を駆け巡っている感じ。ありがたい。

コペルニクスの箱庭展作品

展覧会は、今週土曜日の夕方17時まで開催中です。
銀座散策のついでに、もしよろしければお立ち寄りください。

在廊情報

14日(火) 17:00頃 – 19:00
15日(水) 在廊予定なし
16日(木) 17:00頃 – 19:00
17日(金) 12:00 – 14:00、17:00 – 19:00
18日(土) 終日 12:00 – 17:00

変更の可能性もございますので、お出かけ前にチェックしていただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


This entry was posted in Exhibitions 展覧会 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.