「自閉症の世界 」(講談社ブルーバックス)カバーイラストを手がけました。

講談社ブルーバックス新書から発売された「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」のカバーイラストを手がけました。

自閉症の世界カバー

「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」

講談社ブルーバックス
スティーブ・シルバーマン (著), 正高 信男 (翻訳), 入口 真夕子 (翻訳)
1728円(税込)
新書/Kindle版

「自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実」Amazon詳細はこちら

内容紹介
20世紀半ばに研究が始まった自閉症。さまざまな誤解と偏見を経て、脳科学的に理解されるまでをたどりながら、知的障害ではなく、精神疾患でもない、感じ方や考え方が異なる人たち=自閉症スペクトラムの真の姿に迫る。「脳多様性(ニューロダイバーシティ)」という新たな視点から捉え直す科学ノンフィクション。「ニューヨーク・タイムズ」ベストセラー、英国で最も権威あるノンフィクション賞BBC Samuel Johnson Prize受賞。


640ページという大作ですが、具体的な症例が物語風に語られていたり、社会が自閉症をどのように認識していったか…などなど、とても興味深く、読みやすい内容になっています。

最近は、セサミストリートが自閉症の子を一人メンバーに加えて、話題になっていましたよね。日本でもよく取り上げられるアスペルガー症候群も、自閉症のタイプのひとつ。

自閉症の人々やその家族が生きやすい社会になるために、まわりの人間の理解が深まることはとてもいいことだと思います。

カバーのイラストは、このところあらたに挑戦している、立体作品で構成しました。
デザイナーさんと相談しつつ、しずかな心の世界を、自分なりに表現しながら制作したのですが、いかがでしょう?

こちら、撮影時の様子です。

autisum-shooting

わたし自身は、残念ながらベルリンにいるため見られないのですが、友人が、東京の書店さんの様子を送ってくれました!

ノムさんや池上彰さんのお隣ですね♪

見かけたら、ぜひぜひお手にとっていただけたら嬉しいです!