「はじめてのぎょうじ」でたなばたの物語を描きました。

学研たなばた1

一年もあっというまに過ぎ、もうすぐ七夕。
お子さんと一緒に、お願い事を短冊に書いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしも、この夏はふたつの七夕物語の絵を描かせていただきました。ひとつは、学研プラスさん刊行の「はじめてのぎょうじ」という行事絵本です。

はじめてのぎょうじカバー

「はじめてのぎょうじ」3・4・5さいだもん (ふれあい親子のほん)
加藤 紫識 監修
学研プラス 刊
1728円

学研たなばた3

わたしの描いた「たなばたのおはなし」は、3見開きの物語になっています^ ^
ぜひ本屋さんでご覧いただけたら嬉しいです。

 

そういえば、いつのまにか夏至をすぎていたんですよね〜。

日本では、夏至…といっても、「これからどんどん暑くなるのに」という感じでピンとこないんですが、これが、ヨーロッパでは事情がちがいます。

こちらでは、夏至までぐぐーんと日がのび、夜十時二十分くらいまで余裕で外が明るい日々が続くんですが、この日を境に、目に見えて日が短くなってきます。秋までに、なんとまあ、夕方四時には真っ暗…という日々に。。

みんなこれを心得ているので、夏の明るい間は、とにかく外に出て、陽を浴びようと必死です。

わたしはもともと夏が苦手だったんですが、こっちに来てから、夏の明るさのありがたみをしみじみ感じるようになりました。まあ、暗いならそれなりにいいこともいろいろあるんですけどね。よく寝られるし、仕事や読書もゆっくりできるし。。

とはいえ、いずれにしても、七夕のような夏らしい雰囲気は、残念ながらこちらでは味わえません。冷たいビールを飲んで、夏を味わいたいと思います 笑

 

 

「はじめてのぎょうじ」Amazon詳細はこちら

 


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.