「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」カバー&本文イラストを描きました。

数学ガールの秘密ノートー積分を見つめて カバー

「数学ガールの秘密ノート」、新刊が発売されました。
今回のテーマは「積分」。カバーイラストは、積み重なってひとつのゆるやかな形を作っている階段をモチーフに、オレンジ系の色合いで仕上げました。

現在、Amazon微積分カテゴリーでベストセラー第1位、数学カテゴリーで6位。さすが、結城先生… m(_ _)m

数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
結城浩 著
SBクリエイティブ 刊
「数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて」Amazon詳細はこちら

(内容解説)
積分って、こんなに易しかったの?

本書のテーマは、高校生・大学生の必須科目となっている「積分」です。

高校で学ぶ積分は、微分と並んで現代の数学や科学の基礎となっている分野です。科学の世界で積分が使われるのはもちろんですが、私たちの日常生活でも「刻々と変化する量の合計を考える」というのは極めて基本的なアイディアでしょう。

微積分(微分と積分)といえば、三角関数に並んで数学の苦手意識を刺激するキーワードですが、その本質は決して難しくありません。本書では、速度と距離という日常的な例から始めて積分をじっくり学びます。

既刊『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』と合わせると、微積分の基礎を学ぶ最高の《微積分セット》となるでしょう。


複雑で目に見えない数学のコンセプトを、どうやったら一目でわかりやすく伝えられるか。いつもながら、「数学ガール」は、私にとっては内容が難しくてハードルが高く、だからこそやりがいのあるシリーズです。

今回の「くねくね階段の3人」も、とても気に入っているビジュアルです。明るいオレンジをベースに、希望いっぱいの画面に仕上げました。

数学ガールの秘密ノートー積分を見つめて カバー2

また、本文内にも、鉛筆で描いたスケッチが20点ほど入っています。小さなカットではありますが、厳選して描いたモチーフばかり。表紙裏の机のドローイングを含め、どれも気に入っています。

ぜひぜひ、たくさんの方に手にとって頂けたら嬉しいです!

「数学ガールの秘密ノート/積分を見つめて」Amazon詳細はこちら


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.