『くすりにたよらない精神医学』新装版の立体イラストを担当しました。

『くすりにたよらない精神医学』の新装版カバーイラストとして、今年2月の小品展「コペルニクスの箱庭」で制作した立体作品を使っていただきました!

New illustration work for the cover of a book about the use of Psychiatry without medicine! The works used in the design are the same of my recent ‘Box Garden of Copernicus’ exhibition.


「くすりにたよらない精神医学[現場編] 
メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊)
井原 裕 (監修), 斎藤 環 (監修), 松本 俊彦 (監修)
1,404円 日本評論社 刊
Amazon 詳細

展覧会は、ポーランドの科学者・コペルニクスを題材にしたファンタジーを、立体作品とストーリーで見せた展示だったのですが、わたしにとっても、初の立体作品展ということで、新しい試み満載の小品展でした。ご来場くださった装丁家の桂川潤さんから、数日後にオファーをいただいて実現した、うれしいコラボレーションです。

通常、展覧会用のオリジナル作品というのは、仕事とはすこしちがう実験的な内容になるので、普段、なかなかそのまま本の顔になるチャンスはないものだったりします。今回は桂川さんのおかげで、このようなチャンスをいただけて、ありがたい限りでした。自分にとっても、特別な一冊となりました。

ちなみに、こちらは2月の展覧会のDM。
コペルニクスの箱庭展DM

4月には、このようなストーリーブックもZINEとしてリリース。自身の主宰するリトルプレスレーベルpicografikaストアにて販売中(現在在庫切れ・18年初頭より再販予定)です。

コペルニクスの箱庭ストーリーブック

 

そして、、ここで耳寄り情報です〜!
桂川潤さん、10月20日より早稲田スコットホールギャラリーにて、装丁展を開催されるとのこと。


「桂川潤の装丁 2010-2017 <予感>を包み込む」
10/20(金) – 10/25(水)12:00 – 19:00

早稲田奉仕園スコットホールギャラリー
169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
http://www.hoshien.or.jp/gallery/

すばらしい装丁の数々をご覧いただけるはず。お近くに行かれる機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。
(詳細はこちらの記事でもご覧ください)


「桂川潤の装丁 2010-2017 <予感>を包み込む」展のご案内。

『くすりにたよらない精神医学』でお世話になった、装丁家の桂川潤さん。

10月20日より早稲田スコットホールギャラリーにて、装丁展を開催されるとのことです。


「桂川潤の装丁 2010-2017 <予感>を包み込む」
10/20(金) – 10/25(水)12:00 – 19:00

早稲田奉仕園スコットホールギャラリー
169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
http://www.hoshien.or.jp/gallery/

これまで、瀬戸内寂聴さんとの絵本や、裁判の本などで、何度か仕事をご一緒させていただいた、桂川さん。

本屋さんをぶらりと見ていて、はっとするデザインに惹かれて本を手に取ると、桂川さんの装丁だった…ということが、これまで何度かありました。

今回の展覧会のメインにもなっている『月の満ち欠け』もそのひとつ。静かな気品がただよう、とても素敵な装丁に、思わず足を止めて装丁家の名前をチェックすると…「あ!桂川さんだ」という。

きっと、この展覧会でもすばらしい装丁の数々をご覧いただけると思います。
ぜひぜひ、チェックしてみて下さい^ ^!