「桂川潤の装丁 2010-2017 <予感>を包み込む」展のご案内。

『くすりにたよらない精神医学』でお世話になった、装丁家の桂川潤さん。

10月20日より早稲田スコットホールギャラリーにて、装丁展を開催されるとのことです。


「桂川潤の装丁 2010-2017 <予感>を包み込む」
10/20(金) – 10/25(水)12:00 – 19:00

早稲田奉仕園スコットホールギャラリー
169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
http://www.hoshien.or.jp/gallery/

これまで、瀬戸内寂聴さんとの絵本や、裁判の本などで、何度か仕事をご一緒させていただいた、桂川さん。

本屋さんをぶらりと見ていて、はっとするデザインに惹かれて本を手に取ると、桂川さんの装丁だった…ということが、これまで何度かありました。

今回の展覧会のメインにもなっている『月の満ち欠け』もそのひとつ。静かな気品がただよう、とても素敵な装丁に、思わず足を止めて装丁家の名前をチェックすると…「あ!桂川さんだ」という。

きっと、この展覧会でもすばらしい装丁の数々をご覧いただけると思います。
ぜひぜひ、チェックしてみて下さい^ ^!