個展「ささやく町 Whipering Town」のおしらせ

東京のギャラリーハウスMAYAにて、個展を開催いたします。

ささやく町ー展覧会DM

たなか鮎子 個展
‘ささやく町 – A Whispering Town’

おしゃべりな家、気まぐれな道しるべ、哲学する森。
人々の心のささやきでできた、小さな町があったとしたら……
ヨーロッパでの暮らしから着想をえた架空の町の風景を、絵と半立体作品で表現いたします。

2018年 2月26日(月)ー 3月3日(土)
11:30 ー 19:00 (最終日 17:00 まで)

GALLERY HOUSE MAYA
107-0061 東京都港区北青山2-10-26
03-3402-9849
http://www.gallery-h-maya.com

ここ数年、あたためてきた「ホワイノットの町」のアイディア。2月初旬にオープン予定の「LittleWhyNot (リトルホワイノット)」という名前のショップと一緒に、少しずつ準備してきたオリジナル作品を展示いたします。

会場には、ショップに掲載しているグッズやアクセサリーもいくつか並べる予定です。ホワイノットの世界観を楽しみつつ、ぜひぜひお手に取っていただけたら幸いです。

LittleWhyNot (リトルホワイノット) についても、追って詳しく告知させていただきます。すでに試運転中ですので、ぜひ遊びにいらしてください。

それいにしても、いやー、ひさしぶりの東京。

おいしいご飯や街の活気に触れるのも楽しみですが、なんといっても展覧会を通していろんな人にお会いできるのが、ものすごく楽しみ。。

どうぞよろしくお願いいたします!


This entry was posted in Activity Info おしらせ, Exhibitions 展覧会 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.