個展「ささやく町 A Whispering Town」終了いたしました

ayukotanaka-18exhibition個展「ささやく町 A Whispering Town」
先週土曜日を持ちまして、無事終了いたしました。

お運びくださった皆さま、お世話になったギャラリーの方々、本当にありがとうございました。たくさんの励ましを頂いて、とても嬉しかったです!幸せな空間、幸せな時間でした。

せっかく来て頂いたのにお会いできなかった方やゆっくりお話しできなかった方、申し訳ありませんでした。これに懲りず、またぜひ遊びにきて頂けたら幸いです。

今後も、ショップ&ストーリーのサイト「LittleWhyNot リトルホワイノット」に作品やグッズ、小さな物語をどんどんupしていきたいと思っています。ぜひまた遊びにいらして下さい。

http://littlewhynot.com/?lang=ja

ayukotanaka-18exhibition


My exhibition finally finished last week! Thanks so so much for coming and giving me the warm messages.

It was a beautiful time to see so many friends and new people. It was also really encouraging for me to get lots of cheerful comments and reactions.

I’ll keep on creating new works, goods and stories on my new website ‘LittleWhyNot ‘, so please come and check it anytime. I’m looking forward to seeing you guys soon again!

http://littlewhynot.com/


This entry was posted in Exhibitions 展覧会 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.