ドイツのウエブ絵本 ‘Finn und Jelly’ イラスト&アニメーションを手がけました

ドイツのウエブ出版社Verlag Ohne viele Worteの絵本 ‘Finn und Jelly’ イラスト&アニメーションを手がけました。

Finn und Jelly – Episode 1

海のゴミ問題や水温など、環境問題をテーマにした物語で、連載として続いていく予定のようです。今回はイントロということで、少年FinnとクラゲのJellyの出会いのシーンが描かれたエピソードです。

テキストを英訳してもらいつつ、内容を理解しながらイラストを描きました。臨場感を出したいね…ということで、アニメーションGIFにも挑戦しました。上のリンクから一話すべてを見ていただけるので、ぜひぜひご覧いただけたら嬉しいです。

最近立ち上がったばかりの小さな出版社なのですが、いろいろ話し合いながら自由に制作させていただける、とても楽しい仕事です。

今後、どのような展開になっていくのか……。
わたしも楽しみです。


This entry was posted in Books, Publishing 仕事 by ayuko. Bookmark the permalink.

About ayuko

AYUKO TANAKA たなか鮎子 絵本作家、イラストレーター。ピコグラフィカパブリッシング&デザイン(SayulaTechnology Japan株式会社内)主宰。 1972年生まれ。ベルリン在住。 ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。 おもな絵本に『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館刊)、『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社刊)、『うらしまたろう』(文/令状ヒロ子 講談社刊)、『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ 講談社刊)など。書籍装画に『1リットルの涙』『数学ガール』『幼子にきかせたい おやすみまえの365話』など。 Ayuko Tanaka is a Visual Artist, Author and Illustrator for books and children stories. She is also the director of picografika publishing & design, a label of Sayula Technology Japan K.K. Born in 1972. Currently living in Berlin. MA degree of Graphic Design Communication at Chelsea College of Arts, University of Arts London. Bologna Book Fair 2000, illustration competition prize. Published more than 12 children's books including her own stories and illustrations, and has made illustrations for various book covers, magazines, etc mostly in Japan.

Comments are closed.