About Ayuko Tanaka

絵本作家、イラストレーター、グラフィックデザイナー。Children's Book Author, Illustrator, Graphic Artist http://ayukotanaka.com

友人の展覧会へ。「ベルリン暮らしのサービスセンター」と文具屋さんsowale。

Sowale entrance

先日、ベルリンでお友達のイラストレーター、朝陽このみさんの展覧会へいってきました。

会場は「ソワレ sowale」さんという、日本人カップルが経営する素敵な文具屋さん。ベルリンのミッテ地区、エバースベルダーシュトラーセ近辺の、便利でおしゃれなエリアにあります。

sowale-berlin-inside(photo by sowale)

ベルリンの文具屋さん・ソワレ sowale

このみさんは、ドイツ人のご主人ヨヘンさんと一緒「ベルリン暮らしのサービスセンター」を立ち上げたばかり。

「ベルリン暮らしのサービスセンター」サイト

サイトを覗き、このみさんのかわいいイラストにほっこり。サービスを頼むと、駆けつけてくれるヨヘンさんの優しいスマイルにまたほっこり…。異国でドイツ人の助けをなかなか借りられずに暮らしている私たちのような住人には、とってもありがたいサービスなのです。

ベルリン暮らしのサービスセンターサイト画像

手続き代行やお役所などへの付き添い、翻訳サービスなどの他、ドイツ語クラスやヘアカット、写真撮影などなど、たくさんのコラボサービスを展開中ですので、ベルリンにお住まいの方、ベルリンに旅行で来られる方は、ぜひご活用ください!

わたしとクリスも、現在ヨヘン先生のドイツ語クラスを受講中です。またクラスの様子もお伝えします^ ^

Sowale and the street
展覧会のあとは、お気に入りの餃子屋さんWok Showへ。このところバテ気味だったので、しこたま豚セロリ餃子を食べて帰りました。
美味しかった!

ベルリンの夏。絵本制作中です。

berlin-studio1

ベルリンにも、夏がやってまいりました。
わたしにとっては、二度目の夏。

晴れると風がさわやかで過ごしやすいのですが、今年はドイツも異常気象の日が多いらしく、昨日はハンブルクの方で初のトルネード発生だそうです。

アメリカのトランプ大統領は「世界温暖化は作り話」と言ってますけどね〜。どうかなあ。

わたしは現在、絵本の締切を前に、イラストもりもり制作中です。

今回の題材は「いばら姫」。何度も描いてきた作品なのですが、民話っていうのは、毎回新鮮な発見があります。とくに今回は、実際ドイツに住んでからの制作なので、目線がずいぶん変わったような気がします。

どこが一番変わったかというと……たぶん、空間表現でしょうか。建物の中や外、色のとらえかたとか。やはり、日本で資料を見て描いていた頃とは、実感がちがう気がします。

ehon-making1

また、仕上げの行程にデジタルを使うようになったのも、作業プロセスの変化に影響しているかも。後ろの風景と前の人物を別々に描いて、あとでデジタル画面上で合わせるので、前よりも細かい調整が可能になりました。一枚絵の原画を楽しめないのは残念ですが、細かい描写や調整ができるので、メリットも大きいです。

仕上がりはもう少し先ですが、がんばります!


ロンドン芸大大学院/修了展参加のおしらせ

しかしまあまあまあ。
前回の投稿が「あけましておめでとうございます」って、あなた。。
投稿もここまで滞るとたいしたもんだ…って、いやいや感心するようなことじゃないんですが。

海外での営業の片手間に…なんて思っていた大学院、
一年間見事に翻弄させられた末、ようやく修了展までやって参りました。
あー大変だった。英語も鬼教官もアフターエフェクトも会場づくりも。

愚痴やらなにやらはさておき…こちら、ショーの詳細です。

“FRAGMENTS”

WHERE: 16 John Islip St, London SW1P 4JU
WHEN:
Private View 4th September 6pm – 9pm

Open to general public:
5th September – 11am – 5pm
7th-10th September – 10am – 8pm

http://www.chelseamagdc.co.uk/

今はとりあえずほっと一息ついているところですが、
滞っておりました作品、仕事のご紹介など、すぐにでも再開したいと思います!
修了展のために制作したアニメーション作品なども、お見せできたら嬉しいなあ。。

どうぞよろしくお願いいたします。


童話集「女の子に贈りたい名作」でゆきむすめなど描きました。

イラストの仕事のご案内です☆
童話集の中で、2話のお話のイラストを担当しました。

「いつまでも心に残る! 女の子に贈りたい名作」
(PHP研究所刊 ¥2700)

““名作”は一生のたからもの。これだけは読んであげたい定番のお話&秀作。児童文学界の第一人者が選んだ、至高の22作品! ”

わたしが描かせて頂いたのは、ロシア民話の「ゆきむすめ」と立原えりかさんの創作童話「にんぎょのくつ」。

おなじみ「ゆきむすめ」は昔から好きなお話だったので、イラストを描く機会を頂けてとても嬉しかったです。少し悲しい結末ですが、雪と自然に囲まれたロシア独特の雰囲気を感じて頂けたら幸いです。

「にんぎょのくつ」は、またがらりと雰囲気が変わり、現代のお話。
立原えりかさんのオリジナル童話で、ある小学生の男の子の日常をさりげなく、あたたかく描いたさわやかな童話です。

日本のお話ではあるのですが、舞台となる湖のシーンは、昨年見たスイスの湖のような、涼しい北国の雰囲気を混ぜて描いています。

こちら二話、年末〜年明けにロンドンで仕上げ、イラストはスキャンデータを入稿してのお仕事第一号でした。船便が届かず、到着したばかりのロンドンでスキャンできる店を探し回ったことが思い出されます。。
ご不便をお掛けしましたが、こうして無事にできあがって良かったです…!

本屋さんで見かけたら、ぜひぜひご覧ください(^ ^)


App:がっけんのえほんやさんより「にんぎょひめ」発売になりました。

学研さんの新プロジェクト、「がっけんのえほんやさん」。
たくさんの新作絵本が並ぶ、豪華な絵本アプリです。

英語も学べる絵本アプリ
「がっけんのえほんやさん」
※iPhone、iPadにてダウンロード可能です

この中で、私も貴重な機会を頂いて、
絵本「にんぎょひめ」の原画を担当させて頂きました。

「にんぎょひめ」
文:はやしあやこ
絵:たなか鮎子
人間の王子に恋した人魚姫。自分の声と引き換えに魔女から人間になる薬をもらいますが、王子と結婚できないと海の泡になってしまいます。やっと王子に会えた人魚姫。ところが、王子はお見合い相手のお姫様と結婚することに…。
対象年齢:4歳から ページ数:17ページ 
価格:500円(キャンペーン等により変動することがありますので、アプリの値段をご確認下さい)

デジタルの絵本、というとピンとこない方も多いのかな?と思うのですが、このアプリ版のよいところは、なんといっても絵が動く(アニメーション)こと、そしてナレーションが入っていること。
絵を描いた本人としては、キャラクターが動いてくれるだけで
「おお〜〜」と興奮してしまいます。

また、なんと今回ナレーションを担当して下さったのは、日高のり子さん。
南ーー!!
と、つい叫びたくなるのはわたしたちの世代だけでしょうか。。

波の音やBGMなど、ナレーションと共に物語の雰囲気を盛り上げてくれる演出に、ついついお話に入り込んでしまいます。もちろん本文の文字も出てきますので、音声なしで読み聞かせすることも可能です。

ご覧のように、それぞれの絵本には英語版もついています!
ナレーションを聞いたり文字を追ったり、動く絵と共に英語を勉強できるのは、大きなメリットかも。。
海外の方に気軽にダウンロードしてもらえるのも、嬉しい限り。

さて、ではアプリのダウンロード方法は?というと…

1お手持ちのiPhone、iPadの App Storeで「がっけんのえほんやさん」を検索、ダウンロードする(「がっけんのえほんやさん」は無料アプリです)

2「ストア」のリストから、お好きな絵本をチョイスし、Apple IDを入力して購入。にんぎょひめもここにあります。ここでそれぞれの絵本の代金が課金されます。

↑こちら、iPadでの購入画面。

3ダウンロードした絵本を開き、日本語or英語でお楽しみ頂けます。いろんな機能があるので、遊んでみて下さい☆

iPhone、iPadをお持ちの方は、ぜひ覗いてみて下さいね〜。


東京に戻ってきました。制作中の絵本の話など。

こんにちは。

前回のジョニー・デップに関するヘンな投稿ののち、久しく音信が途絶えておりましたが、先週東京に戻ってきました。その後はろくに外出もせず、まもなく入稿予定の仕事にがっしり取り組んでいるところです。

たぶん4月中は仕事の入稿中心、5月のGW明けからはビザ申請、引っ越しや物件の引き渡し、猫の渡英準備、クリスの会社のもろもろ…と、考えるだけで恐ろしい重要案件をこなし、うまくクリアできたところで再渡英、という予定です。6月くらいには、と思っていますが、どうなることやら…。

さてさてさて。
今仕事で描いているのは、8月に出版される予定の絵本の原画です。
「はだかのおうさま」、ご存知アンデルセンの名作です。

去年から少しずつ進めていて、前回日本を離れる前にかなり着彩を進めていたのですが、来週が最終締切!ということで、今最終の追い込みです。

たとえば前半のあるシーン。王様に大臣が耳打ちしているところ。

始めはこんな感じです。

色や細部が入って、こんな感じに。まだ終了ではないんですが。。

「はだかのおうさま」って、結構大人目線のむずかしいお話なんですよね。なにしろ、大人のバカな”見栄”がテーマ。よく大人用のフィクションにも引用されるお話ですもんね。もしかしたら、そういう大人の愚かさを最終的に子どもが正すエンディングが、子どもたち諸君にとって痛快なのかも。

とはいえ今回は、小さい子でも楽しんで読んでくれるように、皮肉を前面に出すよりはコミカルな感じで進めています。今は本当に仕上げの段階なので、細部に味が出せるようにぎりぎりまで頑張りたいと思います!

今月はGW前ということもあってか、このあとも童話集の締切が数件続いています。ありがたいこっちゃ。。これまたおもしろいことに、そちらは「おばけ」や「かいぶつ」などのテーマが重なっているので、しっかりリサーチして、いい作品を描きたいと思っています。

ロンドンで参加したドローングコースなどの報告や、新しい仕事のおしらせなど、また近々更新しますね。


映画「ツーリスト」今頃コメント、しかも途中で見るの辞めたんだけど。。

ロンドンにいると、見られるテレビ番組が少ないせいか(契約してる番組が少ないので)、そのへんでやってる映画をつい見てしまいます。

今日なんとなく始まったのは、2011年くらいの映画、「ツーリスト」。
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーがベネチアを舞台にロマンスをやるっていうので、話題になった映画ですね。

見始めは、とりあえずアンジー綺麗だな、と。
顔が特別美形というわけでもないけど、振る舞いで綺麗に見えるから、やはりプロだなと。

一方、パジャマで登場したジョニーのお腹に驚愕。
なんやこれ!ただの太ったオッサンやん…

こりゃジョニー、アンジーに食われちゃうかなと思いきや、まもなくアンジーの演技のしらじらしさが目立ってきた。人工的というか、血肉の通った感じがしない、というか。なんだかお人形みたいで。
逆に、口が曲がってもカッコイイとは言えないジョニーの自然な感じは馴染んでくると、時折見せる表情に魅力も感じられる。腐っても鯛、といいましょうか。
役者として一枚上、ということなのか、単に自分の好みの問題なのか。

それにしてもこの二人、見事にかみ合ってない。つうかジョニー・デップ、太ってるだけじゃなく、やる気もない?やる気ない旅行者の役にしたって、やる気なさすぎじゃないすか?

そこで、映画がまだ中盤にも関わらず、ネットで検索開始。もちろんキーワードは「ジョニー・デップ 太った」。すると、やはり「ツーリスト」、真っ先に出てきました。
(以下、あくまでもネット上でのうわさ話なので、あしからず…)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

アンジー「彼はプロじゃない」vsジョニデ「世界一のわがまま女」お互いもう大嫌い

アンジーは、
「現場に身体を絞らず、ゆる~い体型でやってきて、
役のために髪の毛を切ることすら嫌がるジョニー・デップを、
「プロらしくない」と一刀両断したんです」

一方、ジョニー・デップも、アンジーを、

「世界一わがままな女だ」

と毛嫌いしているのだとかで、
自分流の完ぺき主義を相手にも強要するアンジーを挑発し、
撮影中に本物のワインを飲んで(アンジーはシゴト中には絶対飲まない)演技をした。

すると、売られたけんかは買うタイプのアンジー、
はじめグレープジュースでやるつもりだったのを、なんと、
初めて本物のワインを飲んで演技をしたというのだから、
どれだけ現場がバチバチしていたか、わかりそうなものである。

「アンジェリーナ・ジョリーとの共演が、
夢のようにすばらしいことだって、みんないうけれど、
僕みたいなタイプの男にはただの拷問だよ。
彼女とのキスシーンなんて、ぞっとするね」

「ブランジェリーナはまさに“驚愕”だよ。
僕ならあんなプライベートが露出する生活なんて、
絶対無理だね。でも彼らは我慢している。
ほんとに不思議な人たちさ。理解不能だね」

マイクロップギフトスタッフブログより文章、写真共に引用させて頂きました)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あははは。おもろい…。

あ、ネタ古過ぎて本当にすみません。

さて、更にどうでもいいんだけど、ここで考えた。
自分がアンジーなりジョニデなり、美しい容姿を頂いて生まれて来た役者だったとして。
若くもなく、容姿にも翳りが出てきた頃(=努力しないと容姿を維持できなくなってきた頃)、どちらかしか選べないとしたら、どちらのタイプの「プロ」になりたいかな、と。
徹底的に磨き上げ、いつまでも美しいけどどことなく人工的で深みのないプロか、老けて太って若い頃を知る人をガッカリさせつつも、いい味出してる自然体のプロか。

うーむ。

せっかく恵まれた容姿なんだから、出来る限り維持して欲しい気もする。
でも、見た目維持するより大事なことがある気もするし…。
きれいな人って、大変なんだなあ。でも、両方維持できてる人もいますよね。すごい才能と努力が必要なんだろうな。

と、自分とはまったく関係ないことを考えているうちに、いつのまにか映画は終わっていたのでした。
チーン。


WEBマガジン’ORDINARY’に寄稿。連載スタートしました。

WEBマガジン’ORDINARY’にて、連載記事を寄稿させて頂くことになりました。
「往復書簡」という形で、ロンドンでの生活やアートのティップスなどをご紹介していく予定です。

たなか鮎子 往復書簡 1通目:「かどを曲がるたびに」

作って頂いたバナーがおもしろいんですよ。

わはは。ロンドンで何やってんでしょーね。わたし。

連載に先立って、’PEOPLE’のコーナーでもインタビューを掲載して下さっています。
よろしかったらこちらもぜひご覧下さい。

PEOPLE 05 たなか鮎子(絵本作家、銅版画家)
「きのう読んだ物語を話すような社会に」

ORDINARYさんは、世田谷ものづくり学校内にある自由大学にて「自分の本をつくる方法」のプレゼンターを務める深井次郎さんと、有志の皆さんが立ち上げたインディペンデントな出版社。

「自由に生きるための道具」を集め共有していくみんなの道具箱(WEBマガジン)
ORDINARY

今って、こういう新しい、若い感性を持った人々のメディアがどんどん元気になっていく時代だと思います。「自由大学」は、個性と情熱、たくさんの才能がクロスするすばらしい場所。深井さんのまわりにも多くの「声」があふれていますので、ORDINARYは多くのポテンシャルを秘めている、と思います。

わたしも以前深井さんの講座を受けたことがきっかけでのご縁で、今回、ORDINARYのロゴ(自転車小僧も♪)やウエブサイト、冊子などのアートディレクションをさせて頂いています。

「往復書簡」では文筆に挑戦!(といっても、ブログのような感覚で書かせて頂いていますが)ということで少しドキドキですが、気さくで気楽なメンバーとのコラボということで、楽しみもいっぱい。

ORDINARYには他にもたくさん、オリジナリティ溢れる記事がUPされていますので、ぜひご覧下さいね!


絵本「あきねこ」、柳田邦男さんの著書で書評を頂きました。

先日、講談社のOさんと作家のかんのゆうこさんより、
ほぼ同時にメール&メッセージが。

ノンフィクション作家の柳田邦男さんが最近出された絵本の評論集「生きる力、絵本の力」の中で、2011年にかんのさんとお仕事させて頂いた「あきねこ」を取り上げて頂いたとのこと。

おお〜っ!

「生きる力、絵本の力」
柳田邦男著(岩波書店刊)
¥1,575

Amazonリンクはこちら

もうもう、このお話はかんのゆうこさんの文章あっての絵本なので、私が我が事として喜ぶのもどうかとは思うのですが、やはり嬉しいのに変わりはなく…。

なにしろ、私のヘタな言葉ではうまく伝えられないのですが、「あきねこ」はとても不思議で複雑なお話なのです。わたしも制作時、どうしたらかんのさんの文章の世界をうまく絵で伝えられるか…と、ずいぶん考えたのを覚えています。

たくさんの不思議な「瞬間」を経て、めまぐるしく世界(というか、次元そのもの)が移り変わる物語。リアルな現在から絵の世界へ、また別の絵の世界を経て、現実と非現実の区別のつかなくなる瞬間へ…。

こういうお話って、わたし自身にとってはとても身近で、自分の世界観からも遠くない、と思っています。なので、お話を飲み込む方(=imput)はすんなりいったのですが、どうやったら読む人にわかってもらえるか、表現できるか(=output)、というところで悩みつつ制作しました。

なので、そのあたりの微妙な感覚を柳田さんが受けとめて下さっていたのが、とても嬉しかったです。

内容を全部引用するわけにはいかないので、一部…とくに「たなか鮎子さん」と書かれているところ(笑)を紹介させて頂きますね。

「物語の展開は、意表を突く形ではじまる。西洋のおとぎ話によく使われるファンタジーの要素を取り入れているのだが、けっして古臭くなく、なかなかに現代的な雰囲気に満ちている。絵もきめ細かく、それでいて大胆だ。」

(*^ ^*)

「このねこの登場する場面は、まるで光のトンネルから現れたかのように、真白なねこの背後を円形上に取り巻く黄色から緑へと濃くなるグラデーション、さらにその背景には深い紺色の宇宙が広がっているという、幻想的な雰囲気をリトグラフっぽいタッチをまじえて描いているので、読者はいきなりファンタジーの世界に引き込まれる。」

ここですね。細かく絵を見て下さっているのが嬉しい……。

「<そうか、季節の変化をこのようなファンタジーで描くことができるんだ>と、私はかんのゆうこさんの発送と、たなか鮎子さんの絵の展開にすっかり感服したのだった。」

(**^ ^**)

「ロブ・ルイスさんの絵は、『あきねこ』のたなか鮎子さんの絵と通じあうようなタッチだ。すーっとその世界に入りこみやすい。」

すーっと世界に入りこみやすい絵…これまた嬉しい〜〜。

(※ロブ・ルイスさんの絵本はこちら

ロンドンからの一時帰国の際には、ぜひ本を入手して全部読みたい!と思っています。

ご興味のある方、ぜひ上記リンクより詳細をご確認下さい☆


挿絵のお仕事:「たいせつな日本の歴史 120の名場面」

おしらせがずいぶん遅れてしまいましたが(汗)、
日本史の児童書で挿絵を描かせて頂きました。

「心が大きく育つ たいせつな日本の歴史 120の名場面」
2,940円 ナツメ社刊

Amazon詳細

担当したのは、白虎隊や聖徳太子、楠木正成などなど、
わたしが描いてもよいのか…というような面々ばかりでしたが、
とても楽しくお仕事させて頂きました。

一番すんなり行ったのがシーボルト。
なぜって、なんか顔に見覚えが…。そう、若干クリス似なのです(笑)

こちらは聖徳太子、遣隋使。

濃姫。信長の妻で、豪快な女性ですね。
お父さんもマムシって、濃い親子だ…。

歴史、楽しいなあ。大好きだったんですよね、学生の時。
専攻は西洋史でしたが、もちろん日本史も大好き。

よろしければ、ぜひ本屋さんでご覧頂けたら嬉しいです(^ ^)