震災から5年。

FullSizeRender

風邪を引きました。
クリスは、自分が引いた風邪のウイルスを置き土産に、ここしばらく出張中でお留守。わたしは家に引きこもったまま、数日間、買い物にも出ずに過ごしましたとも。ええ。

今日は3月11日、日本人なら誰もが忘れることのできない日です。

5年前の今日、渋谷で髪を切って、美容師さんにさよならを言って外に出た途端に地面が揺れたのでした。地面がぐにゃぐにゃして、このまま底に吸い込まれるんじゃないか?と思ったのを覚えています。

で、そこから一週間近く、仙台にいる両親とは音信不通に。その間に原発の屋根がぽぽぽぽーんと破裂する様に唖然とし、東京はゴーストタウンと化し、弟たちがマスクをして訪ねてきて、両親探索の計画を立てたり、SNSで聞き込みをしたり、異様な思いでTVを見つめていたりしたわけです。

あれから5年経つんですね。
こういうのを、ベルリンの家の窓を眺めながら考えているのが、なんだか不思議な気持ちがします。

この5年、何があっただろう。震災後、Art Tailsという震災復興アプリのプロジェクトを立ち上げて、2012年もずっとそれにかかりきりだったような。翌年から留学するつもりで試験にはパスしていましたが、仕事やら何やらで一年延期、13年にギャラリーマヤさんで個展を開いて、直後に渡英。14年に大学院がスタートし、めくるめく学生生活に振り回されて一年が終わり、15年後半からベルリンへ。

うーむ。

よくわからない5年間でしたが、ひとつ言えるのは、あの日を境に、できる限りためらいや遠慮をしない人生にしよう、と、強く思うようになったということです。いつ死んでも悔いがないように。

これまでも、道半ばで命を終えざるを得なかった友人たちの最期に、何度か立ち会ってきました。そのたび、彼らや彼女らが、「精一杯、幸せに生きろ」と言ってくれているような気がしたものです。震災は、そんな自分をきっちり後押しするきっかけになったのかもしれません。

というわけで、今わたしはベルリンに居るわけで、さて、これが悔いのないよう、やりたかったことなのかというと、よく分かりません(笑)。ただ、まったく違った国で暮らしながら自分の創作を見つめ直したい、という漠然とした自分の思いに、ロンドンとベルリンはそれぞれすばらしい形で答えてくれている、と感じています。欧州での生活、作品と向き合う過程を経て、確実に自分の視点や、心に映る景色が変わった、ということだけは分かります。

あとは、せっかくありがたく頂いたこの時間、この心と体を大事にしながら、誰かにちょっとでも何か感じてもらえるような、誰かに楽しんでもらえるようなものをひとつでも多く作って、お返ししたい。心底そう思います。

がんばらねば。

とりあえず早く風邪治すぞ〜。ゴボゴボ。


Evernote, データ消失。傷心して安全地帯を聴いている。

0372

ああ。やってしまいました。

Evernote、みなさん使ってますか? 
気をつけた方がいいですよ。消えますよ、ノート。ググると「消しても復活できる!」なんて出てきますが、復活できないデータもあるんですよ。しかも、無料版じゃない。”プレミア”会員でも、です。

状況を説明しますと…
まずはオフライン環境でEvernoteを開き(カフェにWifiがなかったため)、ひとつ新しいノートを起こしてテキストをどーんと打ち込み、編集、保存。新しいノートです。既存のデータに上書きしたわけじゃありません。ちなみにこの時、同時にiPhoneで別のノート(同じノートブック内)も編集。これがいけなかったらしい。

自宅に戻って、同期開始。するとどうしたことでしょう。目の前で、Macに保存していた新しいノートがバッサリ消え去ったじゃありませんか。気がつくと、iPhoneでちらっと編集していたノートが、最新のノートとして残っているのみ。Macで編集したノートは影も形もありませんでした。

ゴミ箱も探したし、コンフリクト(上書きがぶつかったもの)もチェックしたし、ノート全部検索したけど、やはり消えたもんは消えている。

サポートとチャットしたところ、MacのデータとiPhoneが同時に同期された場合、iPhoneのデータが勝つ(こんな言い方で申し訳ないんですが、優先的に最新データとして認識される)んだそうですよ。「残念ながらデータは救出できないだろう/次からは、iPhoneから同期する前にMacを同期することをオススメする」そうな。そんな話、聞いてないよ。。

プレミア会員って、「オフラインでもデータが保存できる」っていうのが売りじゃなかったんでしたっけ?しかも、タイトルも別モノの、独立した別のノート同士。ふたつ、別のノートがそれぞれ保存されても良さそうなものですよね。

はあ…。
まあ、Evernote使っている人には、なんのこっちゃ、っていう話ですね。
Evernoteっていうのは、どのデバイスで開けても最新のテキストを編集できる、という大変使い勝手のいいアプリなのですが、複数のデバイスで同時に編集していると、問題も起こるということでしょうか。

ちなみに、今日バリバリバリ〜っと打っていたのは、最近進めているお話のテキストでした。
午前中、俄然インスピレーションが湧き、カフェを渡り歩きつつ一章を書き終えたのです。
「今日のわたし、調子いいんじゃな〜い?」と、ノリノリで帰ってきたまでは良かったが。

あの一章。ああ、いずこへ。ネット宇宙のクズと化してしまったのかしら。ブラックホールへすこまれてしまったのかしら。なんか、夢中になっていた恋人が、突然目の前から消えていなくなったような喪失感。

何も手につかないので、今、安全地帯の「悲しみにさよなら」を流して、心の傷を癒しているところです。
え? 安全地帯って何?
そうですね、とっても昔のバンドです。知らなくても無理はないですね。
とてもいい曲ですから、よかったらぜひ聞いてみてください。

悲しみにさよなら Youtube


ベルリンので日常。”Psychological Room – 心の部屋”。

12615178_1247664521916409_7010975366608130319_o

数日前までマイナス10度前後を行ったり来たりしていたベルリンも、ここ2日くらいで急に寒さがゆるみました。今日はなんと、9度。「マイナス」がついてない! なんで、こう極端なんだろう。。

ヒーターに張りついていたうちの猫も、若干リラックスモードです。

ここしばらくは大移動が続いてワタワタしていたのですが、先日の引越しのあと、ようやくひと段落つくことができました。最近は、午前中外に出てカフェノマド、午後は家で仕事…という流れで一日を過ごすことが多いかも。

ベルリンには、いいカフェがものすごーくたくさんあって、しかも、ロンドンや東京と違って混んでいないので、フリーランスやノマド人には天国のような環境。美味しいコーヒーを飲みながら、仕事もはかどります。

160126-cafe2

12473653_1248350345181160_4804466852117972222_o

今年は本腰を据えてやりたいことがいろいろ。これまでツギハギでやっていたデータ整理やウエブの見直しをしたり、新しい作品を作り始めたり。楽しみです。

新作の方は、小さなお話やメモから始まり、短編のアニメーションに発展させていけたら…と思っています。

去年の大学院での一年を通して、自分がすごく「空間」に興味があることに改めて気づかされました。テーマにしたのも、”Psychological Room” – 心の部屋。わたしたちの心、心理が作る空間。気分や考え方によって、広くなったり狭くなったりもする。明るい部屋も、暗い部屋もあるでしょう。古い部屋も、ピカピカに新しい、だけど少し肌寒い部屋も。

ちょっと抽象的ですが、わたしが魅力を感じるものには、こういった空間が、何かの形で必ず潜んでいるように感じるのです。物語の中にも、夢の中にも、人のちょっとした言葉や、近くの路地裏にも。わたしの想像力が動くときは必ず、なかった場所に、新しい空間が広がっていく気がするのです。

大学院では、英語の問題を克服したり(しきれてないけど)、慣れないカリキュラムをこなしたり、日本からいただくお仕事をがんばったり…と、とにかく飽和状態でワタワタしている間にあっというまに終わってしまったので(笑)、当時の作品の見直しも含めて、これからしっかり制作の方に反映させていけたらな…と思っています。

forest2

こちら、大学院でのアニメ作品の一場面。読書から森という、心の空間へ。

ウエブサイトの更新やらプロモーションも停滞&とっちらかっているので、そちらも手をつけ始めたところです。そのためにはまずMacの中身のお掃除から…いやはや、データ管理は普段からちゃんとやっとくべきですな。。

そうそう、このブログも、レスポンシブになった…とかいって喜んでいましたが、スマホで見ると、マージンも文字サイズも統一感がなくバラバラ。カスタマイズの仕方が全然甘いようです。

もう少し時間をいただいて、ちゃんと整えていきたいと思います!
ではでは、また。


Daily: ブログ、カスタマイズ…の予定ではなかったのですが。

160118-berlin-snow

今年はちゃんとブログを書くぞ〜。

と決意して書き始めたのはよかったのですが……
画像サイズなどが気になり始めたのをきっかけに、Wordpressのバージョン更新やら、だったらテーマ変えちゃおうとか、子テーマ作るとか作らないとか。。

結局いつものごとく、見た目のカスタマイズに終始し、肝心の記事はまだ手付かずのまま…ということになってしまいました。反省。(しかも結局テーマも確定してないし、子テーマ作ってないし…)

よかったのは、念願のレスポンシブになってくれたこと。携帯などからアクセスしてもらっても、記事が全然読みやすくなると思います。今の今まで、PC以外想定していないレイアウトを使っていたなんて、お恥ずかしい限りです。

ちなみに、Wordpressについて復習する際、以下のリンクがとても役に立ちました。イラストレーターのブログ作成のノウハウや、Wordpress初心者へのアドバイスが書いてあります。

Genki Wifi イラストレーターにとって効果的なブログを作るために必要な5つのこと

WordPress 独学者にありがちな9つの致命的な失敗

さて、明日はちゃんと記事を書くぞ〜。

ちなみに、ベルリンは今夜の10時すぎ。気温は、えーっと…-7度です。寒!家の中はセントラルヒーティングでぽかぽかですが。写真は、昨日の朝撮ったもの。新しい雪が少し積もって、とてもきれいでした。

日本も雪が降ったらしい。SMAPがスマスマで謝罪をしたらしい。なぜ謝らなきゃいけないのかよく分からないけど、有名人は大変ですな。。

ではまた。


クリスマス前。ロンドンのディスプレイいろいろ。

IMG_2001.JPG

こんにちは。 ものすご〜〜くご無沙汰しております。

すっかり師走。なんでしょう、この時間の経つのの早さといったら。
私の方は、ロンドンに戻ってきてまもなく…の10月に大学院が始まり、それからはもう、あっっっ…… という間に月日が過ぎてしまいました。

今年は大移動と環境の大変化で、それに適応するだけで終わってしまったなあ。。
周りの皆さんを見ていると、着々新しい作品などUPされていて、反省ばかりしてしまいます。

でも、大学院の方でも新しい刺激を得て(刺激強過ぎかも…)おりますので、ちょっとここらでペースを取り戻して、レポートも少しずつUPしていきたいと思います。

えっ? いつもそんなこと言ってすぐ沈黙するじゃん、って?
ね。全然アテにならないんですけどね。わはは。

とりあえず、あと数日でクリスマス!のロンドンは、めちゃくちゃ美しいです。せっかくなので今日はごたく並べるより写真を並べたいと思います〜。

こちらは日本でも人気の折りたたみ自転車、Blomptonのショップ。 普通の店内も素敵なのですが、クリスマスの飾りでさらに楽しげな雰囲気です。

IMG_1997.JPG

こちらはデパートLiberty内。白いぬいぐるみのオンパレード。

IMG_1951.JPG

こちらはセントパンクラス駅。 この駅にはピアノが無造作に置いてあって、いつもよく誰かが座って弾いているのですが、この日はコーラス隊のお兄さんたちが歌を歌っていました。これがまあ、素晴らしかった。感動してじーんと心があたたかくなりました。

IMG_1986.JPG

うーん、やっぱり私、クリスマス前のこの季節が一年で一番好きです!別にクリスチャンでも何でもないんですけどね〜。

いろいろお伝えしたいことがあるんですが、少しずつ書いていきたいと思います!
そうそう、まもなくORDINARYさんの方でも記事をUPして下さると思うので、そちらもぜひぜひ読んでやって下さい。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


近況などなど。

こんにちは。しばらく近況などお伝えしない間に、ロンドンはすっかり秋でございます。何しろ涼しい…というか、寒い。

8月末から東京に滞在し、会社やあれこれの手続きでバタバタと過ごしたのち、9月は制作&英語の見直しを!……と思ってロンドンに意気込んで戻ってきたとたん、どーんと風邪。
数年ぶりの風邪だったこともあってか、思い切りダウンしてしまいました。

日本では風邪引いても2~3日寝てれば大抵回復するんですが、ロンドンのはパワーが強いのか。。一週間以上モーロー状態、完治に二週間。観念して病院に行き、ようやく回復してきたところです。

ちょうど出国前に保険に加入していたおかげで、高額の私立クリニックでの診療&薬代がすべてサポートされ…いや〜保険、入っていて良かった…としみじみ思いました。先生には、「元取れたんじゃないか」と言われました。
加入して一週間で元取るって、すごいかも(^ ^;;)

ちなみに英国では基本、市民登録&納税すれば病院はすべてタダなのですが、そのせいで常に病院が混んでいて、診療が2週間〜一ヶ月後というのもザラだとか。控えめに病状を伝えると余計遅れるとかで、「演技力がものを言う」と言われ…。
具合悪い時に演技は辛い…という人は、保険加入をオススメいたします。

さて、写真やお伝えしたい情報もいろいろあるので、続けてUPしていきたいと思います!
まずは最近のphoto数点☆

街中を馬で見回るお巡りさん。

街の様子。


東京のあれこれ。活版での名刺刷新。

上は根津美術館。8月から数週間東京に戻っていた時に寄ったのですが、お庭が涼しげで良かったです。

そうそう、東京滞在の間に名刺も作り直しました。
こちらでもよくご紹介している、おなじみ銀座の活版印刷工房・中村活字さんへ。

店長の中村さん。とっても気さくなおじさん。
中村さんの元気なお顔を見るのも、こちらで名刺を注文する時の楽しみのひとつです。

こちらができあがりの名刺。
使用したイラスト(亜鉛凸版)は前と同じなのですが、文字情報をマイナーチェンジ。
今年から私の仕事と主人の会社の会計を一本化したこと、あとはロンドンの住所を加えて、裏表でこのようになりました。

中村活字さんのある東銀座界隈は、静かでこじんまりした昔からのお店もいろいろ。ほっとした気分になれる場所です。こちらはすぐ近くにある酒屋さん。風情があって素敵です。

ロンドンにしばらく居ると、向こうの人がいかに「古きよきもの」を大切にしているか、そして残念なことに、日本がいかに簡単にそれらを失っているか、しみじみ分かります。

日本の文化や精神性は海外でも高く評価されていて、多くの人が日本への憧れを抱いてくれているのを感じます。が、それだけに…いざ東京へ戻ってみると、その期待に見合うものが目に入らないのが非常に残念。いろいろ混じって雑多なのも東京の魅力ではありますが、文化的な建造物くらいは残す方向でがんばってほしいなあ、と思います。

とはいえ、日本的な建物といえばぶっちゃけ平屋、良くて二階建て…と、贅沢きわまりない造りなんですよね(^ ^;;) 税金とかメンテナンスとか考えると、オーナーさんには辛いに違いない。やはり行政が保護地区や通りを定めるとか、先々を見越して計画的にやるに越した事はないんでしょう。

イギリス(多分他のヨーロッパの国も)は、景観保護のための建造物の規制がかなり厳しいそうですが、そのおかげでたくさんの観光客を呼び込み街も潤い…。見合う収入があるってことだと思います。

名刺の話からずいぶん脱線しちゃったので、とりあえず今日はこのへんで(笑)


東日本大震災から三年が経ちました。

東日本大震災から三年。

先日、ロンドンに住んでいる日本の画家さんと知り合いになる機会があり、おいしいピザを食べながらお話したのですが、話しの途中で何度も「今できることをやりたい、いつ死ぬかわからないから」と言っている自分に気づきました。くどいからもうやめよう、と思っても、ついまたつぶやいてしまう。

「それってもしかして、震災の…」とその方も気づき、当時の体験やお互いの思いなどの話になったのですが、初対面の人に何度も話しちゃうくらい、口ぐせになっている自分にビックリしました。
「あなたの年で何度も出てくる言葉じゃないよね」と言われ、そうか、そうかもしれないなあ、と。

きっとわたしだけじゃないんだろうな、と思います。
日本にいると、みんな普通に、自然に言ってる言葉なのかも。

自分にできることを、ひとつひとつしっかりやっていきたいです。


Grant Museum of Zoology – 動物学博物館に寄りました。

その気になって、連日投稿してみます。

上の写真は、今日カフェを探していてたまたま見つけた、Grant Museum of Zoology(動物学博物館)の一角です。グラフィカルなスペースで、とても素敵ですよね。

ちょうど先週の線画のコースで知り合った男の子が「オススメ」と言っていた場所を思いがけず発見したので、つい中に入ってみました。

UCL(University College London)という、ロンドンのど真ん中にある大学の構内の一角にある博物館は、入場無料、写真もフリー。らくちんでとてもいい雰囲気です。

UCLは昔からリベラル、無宗教の先進的な大学として有名で、キリスト教勢力の非難を浴びたダーウィンの「進化論」の発表を可能にしたところなんですよね。この博物館もダーウィンゆかりの場所らしく(このあたりに住んでいたらしい)、彫像などがいくつか置いてありました。

こちら、ワニの頭骨。

デカい…。

おおー。いいっすね。。
なんか、上の写真でおしゃれな空間を期待された方には、申し訳ないような気もしますが。

こっち見てるんですけど。。

この他、脳のホルマリン漬けとかヘビの背骨とか、何が目に入るかわからず、下手なホラー映画よりドキドキハラハラできる場所でした。

あと、良かったのはたくさんのほ乳類の頭骨がきれいに並んでいる棚。村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を思い出しました。

ロンドンで頭骨のファンタジーに浸りたい方は、ぜひ立ち寄ってみて下さい(そんな人居るかな…)。
私は、次はUCLで、ベンサムのミイラを見つけたいと思います♪


船便到着。と思ったらストライキ。

こんにちは。
東京は雪とかで、Facebookの写真を見てうらやましがっております。

ロンドンはといえば、思ったよりずっと平和な天候です。雨や風の日もありますが、晴天も多く、気温も8-9度あって全然寒く感じない。。

平和じゃないのは交通網の方。
先週の締切ピークもなんとか乗り越え、はりきって語学学校で勉強するぞ〜と思ってTube(地下鉄)の駅へいくと、改札がガラ空きでヘンな雰囲気。

ガーン。もしや、ロンドン地下鉄恒例のストライキ。

どうやら労働組合と市長がぶつかったらしく、48時間のストライキが始まるんだそうですよ。明日はデザインのコースもあるんだが、どうしたらええんや…。

皆さんに聞くとバスを使うんだそうですが、どれだけ混むことやら。。こっちに来てからまだバスには乗ったことないし、かといって歩くなんて絶対無理だし。明日の予報は雨だし、いろいろ最悪じゃありませんか?

間引きして動く地下鉄もあるようなので、なんとか電車をつないで生き延びたいと思っています。こら、ロンドン!


そうそう、前回書いていました日本からの船便、ようやく昨日届きました!
いや〜長かった(涙)もう少し早く来てくれていたら、仕事の作画もスキャンも断然楽だったんですが、まあ無事に着いたので良しとしよう。。

ようやく服や靴のチョイスも増えて、ずいぶん暮らしやすくなりそうです。本やDVDが届いたのも嬉しい。ホームシックになりそうになったら、「相棒」見ようっと(笑)

船便到着祝いに1パイント!ということで、クリスと近くのパブへ。

始めは静かだった店内、ある時間を過ぎると続々おっさんやお兄さんが…。
何ごとだ?と思っていたら、スクリーンが明るくなり、チェルシーVSマンチェスター・シティの試合が。皆さん借りてきた猫のように大人しく、TVの画面に見入っているではありませんか。

なるほどね…。

ちょうど私も、ロンドンに来たらチェルシーを応援しようと思っていたので(適当ですみません…)、真剣なサポのような顔をして皆さんと一緒に「オ〜ノー」とかやってみました。最後は足の踏み場もないくらいの店内、無事チェルシーが勝利して幸せなムードに包まれていました。


ということで、気がつくと、こちらに来てから早一ヶ月。
なんだかあっという間でした。

ストライキが起こったり、船便が三週間遅れてもこっちが電話するまで連絡くれなかったり、郵便局の荷物を違う家に配達されたりしていますが、これまで過ごした印象では、ロンドンはとても雰囲気のよい街です。

明るくてリラックスしていて、フレンドリーな人が多く、私のようなヨロヨロした外国人にも、親切に接してくれる人が多いです。もちろん大都市なので、ヒヤっとしたり間の悪い思いをすることもありますが。

20代の時に初めてロンドンへ来たときは、無愛想で物騒で、あまりいい印象を持っていなかったのですが、なんでしょうね、年のせいかな。あの時は田舎に住んでいたので、都会そのものに慣れていなかったのかも。

一番楽しいのは、文化的な空気を日々感じられること。アート、デザイン、音楽、文学、どれを取っても接する機会も選択肢も多く、そういった活動に情熱を持つ人が多いのも嬉しい。なんというか、「オタクフレンドリー」なムードが溢れているのがいい(日本のアキバあたりとはまた違った意味で…)。

特に文字やプロダクトに関わるデザイン的な感覚はすばらしくて、小さな店のロゴやレイアウトに見入ってしまったり。
うーん、いろいろ書きたいのですが、とりとめがなくなるのでまた次回に。

さて、次の課題は英語のテスト。
IELTSというテストで所定のスコアを取らないと、大学院の入学資格を頂けないのです(涙)
がんばりまっす!