12 Rooms 12 Artists @ 東京ステーションギャラリー。

IMG_1376

10日ほどの短い期間ですが、東京に戻っています。
台風の影響か、思ったより涼しくて助かっています。。

今日は、
12 Rooms 12 Artists 展” 開催中の、東京ステーションギャラリーに行ってきました。

ルシアン・フロイドは原画を見るのが初めてなので、ちょっとワクワク。重厚なオイルが定番のイメージだけど、今回の展示のメインはエッチング。空間、筋肉の動き、表情を生き生きと捉えたすばらしい線。

いやほんと、すばらしいんです。
見れば見るほど細かい線の躍動感が伝わってきて、さらに見入っちゃう。ペインティングもいいですが、ぜひドローイングを見てみて下さい。下地にあるのがこの線なんだな…と思うと、あの油絵の重厚感の意味も分かってくる気がします。

その他好きだった作品。撮影禁止だったので、残念ながらこちらにUPはできないんですが〜。

アンソニー・カロの台座からはみ出した彫刻。
古典的なテイストの彫刻が台座からはみ出してるのが新鮮で、おもしろかったです。小さな部屋の中央に据えられ、空間との相性もよかったし。

荒木経惟の破った写真を貼り合わせた「切実」。
破って同じ写真を貼り合わせただけなのに、そこに何か重要な謎とか秘密が隠されているように見えるから不思議。

エド・ルーシィのフォトブックTOKYO DETAILSにも惹かれました。
もとはDutch Detailsというプロジェクトだったとか。
小さい写真で語る、街のストーリー。映画のフィルムくらいのサイズの連動した写真たちと横長の紙のフォーマットの組み合わせが、手に取りたい衝動にかられちゃう。

IMG_1375

そして、東京駅再築後オープンした新ギャラリー。

わたしは昔からこのギャラリーが好きだったんです。
時々気持ちがせかせか、ざわざわする時に、落ち着くために行っていた場所でした。

東京駅の修復工事と共にクローズし、しばらくお休みしていたのが、最近ようやくリニューアルオープン。

新しいギャラリー、空間は相変わらず美しいけど、残念ながら以前のギャラリーより、すこーし堅苦しい雰囲気が。。

モダンなデザインと古い空間がまだ馴染んでいないのかもしれない。それとも、ただ単に、部屋係の人数が多すぎるのかもしれません。

IMG_1366

IMG_1365

建物も人も、もう少し時間が経てばうまく馴染んでくるのかも。
次に訪れる機会が楽しみです。


小沢征爾さんとベルリンフィル。

最近なぜか音楽づいております。

8日、小沢征爾さんとベルリンフィルのコンサートに行ってきました。
素晴らしかったです。

Instagramの投稿をリンクします^ ^


Yo-yo Ma(ヨーヨーマ)とシュターツカペレ・ベルリンのコンサートへ。

berlinphil-yoyoma2

先週、チェロ奏者Yo-yo Ma(ヨーヨーマ)とシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場オーケストラ)の演奏を聴きに、ベルリンフィルハーモニーホールへ行ってきました。

Staatsoper-berlin Yo-yo Ma

演目
ドヴォルジャーク:チェロ協奏曲 B minor op.104
エルガー:交響曲第二番

クラシックは詳しいわけではないのですが、子どもの頃ヴァイオリンやブラスバンドでのクラリネットをやっていたこともあり、ちょこちょこ親しんでいました。ヴァイオリンをやっていながら、音が好きなのはピアノとチェロ、という矛盾(多分自分の音が酷すぎたため、ヴァイオリン恐怖症に 笑)。

というわけで、一度ぜひ!聴いてみたいと思っていたヨーヨーマ。ステージに出てくると、なんともユーモラスで明るいキャラクター。素敵なオジサンでした。

ヨーヨーマは、一曲目の協奏曲のみでのソロ出演だったのですが、いや〜すばらしかったです!とにかく力強く、エネルギーと前向きな空気が客席にジンジン伝わってきました。運指も正確だし、弓さばきも軽い(当たり前か 笑)。もうすべてがあまりに自然で、チェロがヨーヨーマの体の一部のように見えるくらい。

髪を振り乱して弾くかと思うと、オケに演奏が移っている間はニコニコしていたりして、これまたお茶目。なんだかグッと心を掴まれちゃうキャラクターで、彼が世界から愛される理由がよく分かりました。

チェロ、わたしも実は数年前一度、3か月だけ教室に通ったことがあるのですが(短い!)、結構これが大きくて、弓を弾ききるのも弦を押さえるのも大変…という印象だったので、あんなに軽々とあの楽器を弾いている人を見ると、改めて尊敬。。あーすごかった。

berlinphil-yoyoma1

もうひとつぜひ書いておきたいのは、ベルリン国立歌劇場楽団(シュターツカペレ・ベルリン)の演奏について。これがもう、すばらしかったのですよ。あの有名なベルリンフィルとは違う楽団ですが、こちらも伝統ある古くからの楽団で、プロイセン王立宮廷楽団として1742年に設立されたのが始まりだとか。

シュターツカペレ・ベルリン

長年この楽団のマスターを務めてきた指揮者のダニエル・バレンボイムも有名な方。この人のおかげなのか、オケのレベルが高いのか……いや多分その両方、ということなのでしょう。すべてが自然で、力強く、呼吸するように心地よく耳に入ってくるのです。指揮とオケの息が合っていて、皆さん演奏しながら、右に左によく動く。そういううねりがホールを包んで、まるでひとつの大きな生き物を見ているようでした。

演目も良かったのかも。二曲目、エルガーの交響曲は初めて聴いたのですが、ファンタジックでドラマチックで、どーんと目の前にヴィクトリアンな世界が広がるような曲で、心がぱっと解放されるような楽しい気持ちに。去年まで住んでいた、大好きだったロンドンのにぎやかな風景が次から次へと頭に浮かんできて、胸がじーんとなりました。

そうそう、一曲目の演奏で終わったはずのヨーヨーマが、なぜかチェロ奏者たちに混じって(しかも一番後ろの席)神妙な顔で演奏していたのにも笑いました。もはや先ほどまでのオーラはどこにもなく、普通のオジサン 笑。最後まで彼の存在に気づかなかったお客さんも多かったらしく、演奏後の挨拶で盛り上がっていたのも楽しかった。

berlinphilhall

クラシックのコンサート、というとわたしは今まで結構緊張して聴いていたのですが、今回は心がウキウキするような、楽しい経験でした。もう、すっかりシュターツカペレのファンです。ベルリンの人に音楽が愛され、演奏者たちが集まってくる理由がよく分かる気がしました。

IMG_8567

エルガーはバレンボイムの十八番でもあるらしく、iTunesでもCDを見つけたので、帰って即買いです。

71my63thzcL._SX522_

Elgar: Symphony No. 2, Op. 63

こんなリンクも見つけました。星5つ付いてる。やはり評判よいのですね〜。
「エルガー:交響曲2番 バレンボイムとシュターツカペレ・ベルリンの勝利」(ガーディアン紙/英語)

4月はなんと、ベルリンフィルと小沢征爾さんのコラボを聴きに行ってまいります。初ベルリンフィルにドキドキ。楽しみです。


“In Japan – 2015” クリエイターの「目」。

今日は、たまたま見つけたビデオのご紹介を。
SNSでもシェアが増えているようですが、日本をコンパクトに切り取った美しいビデオクリップを見つけました。
なんと、三週間の旅行中に撮ったものだとか。

In Japan – 2015
Vincent Urban

ロンドンで大学院を終えて、一番思ったこと。
クリエイティブに一番大切なのは、質のいい「目」なんですね。

技術よりも、うんちくよりも、ものを見る「目」がどれだけ成熟しているか、自分らしい視点に立てているか。
クリエイターとしての自分のその目に、理想があるか、哲学が伴っているか。

目が肥えていれば、その他は未熟でも大丈夫。自分をジャッジする目が厳しく、客観的であれば、おのずと技術もうんちくもついてきます。

三週間で、おそらくよく知っているわけでもない日本に来てこのクリップを作るには、それ相当の目が必要だったに違いありません。もちろん、技術も洗練されていますけどネ。

ちなみに、友人からもうひとつ、おすすめのビデオを教えてもらいました^ ^
秋田の優しい風景が沁みます。

美しく、儚い日本の姿があざやかに凝縮された作品たち、良かったらぜひ見てみてくださいね!


ハンブルガー美術館、アンゼルム・キーファーの画集。

IMG_7966

前回の投稿で、いきなり登場した安全地帯の画像にビックリしたであろう方のために、
今回はもうすこしアートな話題をお届けしたいと思います。

ちょうどEvernoteデータを消失する直前(やはりまだ引きずっている)、ごきげんで訪れたのがこちら、ハンブルガー美術館。
ここのカフェで執筆していたわけです。(消えたけど…)

こちらのアートショップがとても良かった。
本のセレクトもわたし好みで、長い間足を止めてしまいました。

IMG_7957

こちら、大好きな彫刻家、エルンスト・バルラハ。
ドイツにいるからには、実物を観に行かなければ。

IMG_7961

こちらはジョン・ケージの「4.33」。
わたしの大好きな、とあるドラマに出てくる、実験的な曲の楽譜です。
どのドラマかはまた今度。。

一番よかったのが、Anselm Kiefer(アンセルム・キーファー)のコーナー。1年ほど前、ロンドンでも展覧会をやっていたんですが、愚かなわたしはすっかり見逃してしまい、ものすごく後悔したのを覚えています。

中でも一冊、よいセレクトの本があったので買って帰りました。29ユーロ。

IMG_7970

IMG_7971

戦争の終わった年(1945年)に生まれたドイツのアーティストで、ヨーゼフ・ボイスなどに師事していたようです。色彩やアプローチを見ても、たしかにそんな雰囲気が感じられます。

IMG_7993

渋いなあ。金属、すごく好きなんですよね。
オーガニックなもの(木とか動植物とか)よりも、わたしはミネラル系(石とか金属、ガラスなど)の素材にぐっときます。四柱推命が「土」だからかな(笑)?

IMG_7992

こっちは若干、岩牡蠣に見えなくもない。
ホームシックでしょうかね。。

このところ、ずっと制作やプレゼンなどのアウトプットに時間を割いていたのですが、ひさしぶりに質のよいインプットができた時間でした。展覧会のアイディアなどにもつながる気がしているので、また追い追いそんな話もしていきたいと思います。


映画「ツーリスト」今頃コメント、しかも途中で見るの辞めたんだけど。。

ロンドンにいると、見られるテレビ番組が少ないせいか(契約してる番組が少ないので)、そのへんでやってる映画をつい見てしまいます。

今日なんとなく始まったのは、2011年くらいの映画、「ツーリスト」。
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーがベネチアを舞台にロマンスをやるっていうので、話題になった映画ですね。

見始めは、とりあえずアンジー綺麗だな、と。
顔が特別美形というわけでもないけど、振る舞いで綺麗に見えるから、やはりプロだなと。

一方、パジャマで登場したジョニーのお腹に驚愕。
なんやこれ!ただの太ったオッサンやん…

こりゃジョニー、アンジーに食われちゃうかなと思いきや、まもなくアンジーの演技のしらじらしさが目立ってきた。人工的というか、血肉の通った感じがしない、というか。なんだかお人形みたいで。
逆に、口が曲がってもカッコイイとは言えないジョニーの自然な感じは馴染んでくると、時折見せる表情に魅力も感じられる。腐っても鯛、といいましょうか。
役者として一枚上、ということなのか、単に自分の好みの問題なのか。

それにしてもこの二人、見事にかみ合ってない。つうかジョニー・デップ、太ってるだけじゃなく、やる気もない?やる気ない旅行者の役にしたって、やる気なさすぎじゃないすか?

そこで、映画がまだ中盤にも関わらず、ネットで検索開始。もちろんキーワードは「ジョニー・デップ 太った」。すると、やはり「ツーリスト」、真っ先に出てきました。
(以下、あくまでもネット上でのうわさ話なので、あしからず…)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

アンジー「彼はプロじゃない」vsジョニデ「世界一のわがまま女」お互いもう大嫌い

アンジーは、
「現場に身体を絞らず、ゆる~い体型でやってきて、
役のために髪の毛を切ることすら嫌がるジョニー・デップを、
「プロらしくない」と一刀両断したんです」

一方、ジョニー・デップも、アンジーを、

「世界一わがままな女だ」

と毛嫌いしているのだとかで、
自分流の完ぺき主義を相手にも強要するアンジーを挑発し、
撮影中に本物のワインを飲んで(アンジーはシゴト中には絶対飲まない)演技をした。

すると、売られたけんかは買うタイプのアンジー、
はじめグレープジュースでやるつもりだったのを、なんと、
初めて本物のワインを飲んで演技をしたというのだから、
どれだけ現場がバチバチしていたか、わかりそうなものである。

「アンジェリーナ・ジョリーとの共演が、
夢のようにすばらしいことだって、みんないうけれど、
僕みたいなタイプの男にはただの拷問だよ。
彼女とのキスシーンなんて、ぞっとするね」

「ブランジェリーナはまさに“驚愕”だよ。
僕ならあんなプライベートが露出する生活なんて、
絶対無理だね。でも彼らは我慢している。
ほんとに不思議な人たちさ。理解不能だね」

マイクロップギフトスタッフブログより文章、写真共に引用させて頂きました)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

あははは。おもろい…。

あ、ネタ古過ぎて本当にすみません。

さて、更にどうでもいいんだけど、ここで考えた。
自分がアンジーなりジョニデなり、美しい容姿を頂いて生まれて来た役者だったとして。
若くもなく、容姿にも翳りが出てきた頃(=努力しないと容姿を維持できなくなってきた頃)、どちらかしか選べないとしたら、どちらのタイプの「プロ」になりたいかな、と。
徹底的に磨き上げ、いつまでも美しいけどどことなく人工的で深みのないプロか、老けて太って若い頃を知る人をガッカリさせつつも、いい味出してる自然体のプロか。

うーむ。

せっかく恵まれた容姿なんだから、出来る限り維持して欲しい気もする。
でも、見た目維持するより大事なことがある気もするし…。
きれいな人って、大変なんだなあ。でも、両方維持できてる人もいますよね。すごい才能と努力が必要なんだろうな。

と、自分とはまったく関係ないことを考えているうちに、いつのまにか映画は終わっていたのでした。
チーン。


本:「多読術」by 松岡正剛

どもス〜。今年の冬は、しっかり寒いっすね。
読書やお勉強にはもってこいですよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

そんなわけで、今日は読書に関する話題。
松岡正剛さんの速読術についてです。

うちには、読んでいない本がたくさんあります。
多くは見た目だけで買ってしまったり、「あとで読もう」と思って買っておいたり。まさにジャケ買い。置物。「積ん読」状態なのです。

このところそんな自分に嫌気がさし、四の五のいわんとまずは読もう!!キャンペーンを実施中。
松岡正剛さんの速読テクニックを付け焼き刃で試しているうちに読書のスピードが上がってきたこと、ジムへ通うようになって、バイクマシン上で定期的に読書する時間ができたことなどを理由に、このところ、以前よりもさくさくと読了できるようになってきた。
嬉しい〜。

松岡正剛さんといえば、書評サイト「千夜千冊」がポピュラーですね。元々は工作舎という出版社を興し、「遊」という伝説的な雑誌を立ち上げたことで有名な編集者さん。情報編集のプロで、今は『ISIS編集工学研究所』の所長として、情報や書籍に関わる啓蒙活動や、様々なプロジェクトに関わっていらっしゃいます。

これまで本に関する調べものをするたびに、この「千夜千冊」にぶち当たることが異様に多く、他の人の書評と読み比べてもわかりやすいので「へ〜」と感心していた。文章力や整理力が優れているんだろうけど、なにより多分、自分と考え方が結構似通っているんじゃないかな…と思っていた次第で。
ISISのサイトを見ているうちに、彼の情報整理メソッドにも興味が沸き、ちょっと参加してみるかな〜という運びに。。

わたしが参加したのは、このISISでやっていたウエブ上での短期セミナー。去年の11月くらいから、2週間程度でしょうか。結構おもしろかったですヨ!

やり方は簡単で、
・目次を注意深く読み込むこと
・その際、自分なりのキーワードを見つけておく
・本をノートと思って、アンダーライン・書き込みをする

この三つをやるだけで内容がざっと頭に入ってくるし、何より、その本と自分の興味感心とのクロスポイントを意識できる気もする。アンダーラインや書き込みのおかげで、忘れてもまた開けば思い出せる。

えっ、もうやってらっしゃる?
じゃあ大丈夫、こんなブログ、うっちゃってやって下さい!

恥をさらすだが、わたしが本を読んだあと一番悔しいのは、
その内容をちゃんと覚えていないこと(笑)。
基本的にアホなんだから、まあ諦めろ…ということなのかもしれないけど、人に勧める時でさえ、「うがうが〜。とにかくいい本!」としか言えないのでは情けない。

もちろん、時間さえかければなんとでもなる。
一時期やっていたのは、要点や感想を書き出してタイプすること。こうすると、本の内容を心にしっかり刻みこめるが、何しろ時間がかかる…。あんなのやってたら、人生の半分くらい書評書いて終わっちゃう(っていうほど読んでないくせに)。

しかし、松岡さんのセミナーを受けてから、キーワードを単語で抽出できるようになり、連想の幅も広がり、メモを取るのも楽になった。
内容が気に入って、自分なりのコメントも記しておきたい時は、箇条書きで書いておけるし。

私はセミナーで体験できたので本は流して読んだくらいですが、
こちらにだいたい同じ内容を網羅されているようです。
人によって合う合わないはあると思いますが、ご興味があればぜひ。

そうそう、松岡さんといえば、12月に講演会も覗いてきたので、
今度その話も書きますね♪


山本美香さん。争いの虚しさ。

シリアで政府軍の砲弾に倒れた山本美香さん。
今日TVを見ていたら、山本さんのご家族を放映した様子が流れていた。

どういう巡り合わせでその瞬間を録画したのかはわからなかったが、
山本さんが亡くなったという一報を受けた瞬間の、お父様の表情が目に焼き付いて離れない。

山本さんは、
「戦場を最も歩いてきたジャーナリストの一人。戦争の犠牲になる最も立場の弱い女性、子供の声を拾える希有(けう)な存在だった」(20年来の親交があるフリージャーナリスト集団「アジアプレス」代表の野中章弘さん談)とのこと。

日々自分のことで精一杯で、
それでもとにかく、自分の出来ることを見つめてひとつひとつやるしかない。
と思って精一杯やっているつもりの自分だけれど、
こういうニュースを聞くと、自分の小ささを改めて感じざるを得ない。

平和を願って亡くなった山本さんのご冥福を、心よりお祈りすると同時に、
戦争、あらゆる争いの虚しさを、改めて心に刻みたいと思っています。


身近な若者たち。&ロンブー淳。

いえーい。先週友人たちと観た神宮前花火大会の時の写真です。
しかし、暑いっすよね。。

今週は、若者たちとつるむ機会の多い一週間となりました!
水曜日は、二年前サンフランシスコの語学学校で知り合った
大学生男子のK君と、社会人女子のNちゃんと、メキシコ料理。

全然会うはずのない三人が、日本に帰ってきてもこうしてお酒を一緒に飲める…。
素敵なことだよね〜、と話しておりました。

木曜日は、短期で通っている英語スクールで知り合った、
芸大大学院生のK君とご飯。
こんな年にもなってろくに美術史についても語れないオバサマに、
K君はいろいろ情熱的に教えてくれました(涙)
うう、勉強せんと……。

少子化だ、なんだで若い人たちの将来が不安視されていますが、
会って話すと皆明るくてフレンドリー。
頭もいいし、才能もあるし、偉いよ君たち!!

そういう人たちとたまたまご縁があっただけかもしれないけど、
嬉しくなっちゃいますね。で、刺激受けますね、すごく。

こっちもまだまだ進化し続けなきゃいけないと思ってます。
頑張ろうっと。花火!

そうそう、Yahooニュースに出ていたロンブー淳の脱原発&竹島に関するコメント。
前から思ってたけど、
私はこの人ってすごくしっかりしてるし、エラいと思う。

韓国との問題などもちょっとピリピリ気味ですが、
どこにだって、いろんな意見や思いの人がいるのは仕方ないこと。

そんな中、許されないようなことを言う人もいれば、
対話しよう、理解しようとしてくれる人もいる。
どこにだっていろんな人がいると思うので、
「国」でひとくくりにして判断したくない…という淳の意見には、
私も賛成です。

一番問題なのは、どの国だとかどんな主張かとかよりも、
すぐ極論に走る人たちの方じゃないかと。
感情に任せて攻撃したり、深く考えもしないで傷つけ合って、
いい結果が生まれるはずはないと思います。

韓国に限らず、近隣の国々とはお隣同士ということで、
いろんな摩擦が耐えないのは仕方がないんでしょうね。
時間はかかるし、お互い忍耐や寛容も必要だと思いますが、
いつかは乗り越えて、仲良くやれる日がくればいいのに…と、
心から思います。

あ、淳のコメント記事はこちらです♪
http://www.cinematoday.jp/page/N0035823


ジョブズ伝記が届きました。

なんとなんと、一ヶ月以上も更新が止まってしまいました。

実は10月は三週間ほど旅行に出ていて、
途中ロンドンから更新したつもりでいたのですが、
ちゃんと反映されていなかったようです。

オランダーイギリスードイツーチェコを回って、
クリスの仕事先のスイスから帰国したのですが、
また改めて報告ブログ書きますねー。

また、夏ころ制作したお仕事の本がいくつか手元に届いてきておりますので、
そちらもご紹介させて頂きたいです。

とりあえず今日はなんといっても、届いたジョブズの伝記をUP。
ジョブズ〜!!